街に、ルネッサンス UR都市機構

UR都市機構の広報活動 バックナンバー

賃貸住宅

読売新聞 未来貢献プロジェクト

団地を核にした地域再生
団地の集会所の前でほほ笑むアナウンサー渡辺真理さん(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

横浜市洋光台エリアでは、地域や行政と連携しながら団地を核としたまちの活性化を図るプロジェクトを展開しています。(2022.1.25掲載)

朝日Reライフ

みんなの居場所をつくろう 団地自治会の声から生まれたカフェに多世代が集う
東京都江東区にあるUR大島六丁目団地の外観写真(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

大島六丁目団地で、いきいきと暮らす仕組みづくり。立ち寄った人を笑顔で迎えるカフェ06(ゼロロク)の活動を紹介します。(2021.12.17掲載)

HUFFPOST

老いも若きも、ジャズの音色に誘われて。築50年、2,094戸の団地が取り組むある挑戦とは。
「北本団地活性化プロジェクト」でリノベーションされた住宅付店舗で暮らし、ジャズ喫茶「中庭」を営む落合夫妻。(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

埼玉県北本市、関東最大級の縄文遺跡に隣接するUR都市機構「北本団地」。少子高齢化、人口流出...私たちが抱えるさまざまな課題解決につながるプロジェクトが進行中です。(2021.10.25掲載)

朝日Reライフ

「見守り」と「相談」で高齢者によりそう
団地の外観(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

有野団地でURが進める新たな試み。安心と生きがいを創出し住みよいまちづくりを推進しています。(2020.12.22掲載 )

日経電子版

東京・ひばりが丘の地域医療福祉拠点化
キャスター榎戸敦子さんの写真(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

URが取り組む地域医療福祉拠点化。地域医療福祉拠点化の先行事例であるひばりが丘パークヒルズを紹介します。(2020.12.7掲載)

読売新聞

多様な世代が集まる活力あるまちづくり
フリーアナウンサー、木佐彩子さんの写真(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

URの取り組むSDGs。地域に開かれた多世代コミュニティスペースやキッズルームを通じて「ミクストコミュニティ」の実現に取り組みます。(2020.10.29掲載 )

読売新聞

理想の子育て環境を語り合う座談会
座談会に参加した4人の写真(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

多様な世代が生き生きと暮らす住まい・まちを目指して取り組むUR。理想の子育て環境について語り合いました。(2020.2.12掲載)

読売新聞

多世代が交流を楽しむ千葉幸町団地
子供たちとお年寄りが昔遊びで真剣勝負。多世代が交流を楽しむ千葉幸町団地。多様な世代が安心して生き生きと暮らせるまちづくりのため、URが取り組む「地域医療福祉拠点化」。その現場を取材しました。(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

「地域医療福祉拠点化」に取り組む現場を取材しました。(2020.2.12掲載)

HUFFPOST

商店街から広がる、新しい団地の暮らし。多世代がつながるコミュニティづくりの秘訣とは
商店会会長と商店街店長の写真。HUFFPOSTの記事へリンクします(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

場所はあるのに交流が生まれない。そんな課題を解決したのは、とある“異業種タッグ”でした。(2019.12.23掲載)

朝日Reライフプロジェクト

団地を活性化するUR都市機構の新しい取り組み
座談会に参加した3人の写真。掲載記事へリンクします(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

団地の地域医療福祉拠点化について、朝日Reライフ読者会議メンバー3人が左近山団地を見学、座談会を実施しました。(2019.12.20掲載)

朝日BonMarche

子育てママに優しい"まち"って?
朝日BonMarche 東雲キャナルコートCODANの外観写真。掲載記事へリンクします(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

フリーマーケットや夏祭りなどコニュティー活動が盛んな東雲キャナルコートCODAN。子育て支援施設も充実しており、快適な"まち"をつくっています。(2019.1.14掲載)

都市再生

日経電子版

URが目指す 持続可能なまち
(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

1999年に財政破綻の危機が報じられ、2014年には東京23区で唯一「消滅可能性都市」と指摘された豊島区。20年には一転して「自治体SDGsモデル事業」都市に認定され、持続可能なまちづくりで他の都市をリードする存在に。UR都市機構をパートナーにまちづくりを行う豊島区の飛躍を、榎戸教子キャスターがリポートする。(2022年掲載)

HUFFPOST

芸能界から、ある城下町での新たな挑戦へ。武藤千春さんの背中を押したのは、地元の“つながり”でした。
旧北国街道沿いに続く、昔ながらの街並み。(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

長野県内の東部、千曲川の流域である「東信地域」に位置する小諸市。多くの地方都市同様、小諸も人口減に悩む地域のひとつだった。若い世代の人口流出による、空き家や耕作放棄地の問題にも直面。そんな小諸で今、新たな歴史が始まろうとしている。(2022.10.10掲載)

HUFFPOST

弥生時代の「暮らしやすさ」を現代に。
“未完成”の遺跡公園は、市民とともに育ち続ける。
安満遺跡で遺跡の横で遊ぶ子どもたち(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

地域の資源を活用したサステナブルなまちづくりとして、国内外から注目を集める「グリーンインフラ」。UR都市機構の最新事例に迫る。(2021.12.10掲載)

読売新聞

防災性による安全・安心なまちづくり
フリーアナウンサー、木佐彩子さんの写真(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

URの取り組むSDGs。まちを守る防災公園は、多様な機能に加えて、緑豊かでにぎわいのある地域のつながりを紡ぐ交流拠点になります。(2020.11.26掲載 )

読売新聞

みどりと調和するまちづくり
フリーアナウンサー、木佐彩子さんの写真(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

URの取り組むSDGs。多く緑に立体的包まれた複合施設「コモレ四谷」は自然と歴史が調和する持続可能で魅力的なまちづくりを推進しています。(2020.9.23掲載)

HUFFPOST

瀬戸内のある街に、全国から視察が殺到するワケ。「古きを活かし、にぎわいを生む」手法とは?
夕暮れ時の福山駅前の一角。雑居ビルをリノベーションした飲食店の店先にソファを出して食事を楽しむ人々の写真(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

持続可能な開発を目指して。広島県福山市に見る、リノベーションを通してまちを活性化するプロジェクト。(2020.3.26掲載)

HUFFPOST

「品川を、世界とつながる玄関口に」。2020年、日本の人と交通の流れを変える、駅と一体化したまちづくりとは
まちづくりが進む高輪ゲートウェイ駅周辺の様子(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

高輪ゲートウェイ駅と名づけられたJR東日本の新駅開業を2020年3月14日に控え、駅周辺の土地区画整理事業の全貌が今、姿を見せ始めている。(2020.2.27掲載)

HUFFPOST

“大阪最後の一等地”に、何が生まれる?貨物駅跡に建つ「基地」から見えたもの
うめきたのこうくう地区を眺めるこどもの写真。HUFFPOSTの記事へリンクします(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます )(別ウィンドウで開きます)

「国家プロジェクトの街を、地域のみんなで育てたい」その狙いとは?(2020.1.27掲載)

災害復興

朝日新聞DIALOG

ふるさとを未来へ ゼロから挑む(前編)
学生が巡るスタディーツアー写真(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

東日本大震災から11年。朝日新聞DIALOGは、復興支援に取り組むUR都市機構とともに、福島県双葉町を学生が巡るスタディーツアーを実施しました。当時、小学生だった学生たちが、この町を巡り、町の未来に思いをはせました。(2022.3.10掲載)

朝日新聞DIALOG

ふたば ふたたび 可能性の町 さあ前へ(後編)
ツアーを終えた学生たちは、町民やUR職員、復興を支える人たちと双葉町の未来を 考えるセッションの写真(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

朝日新聞DIALOGは、東日本大震災からの復興支援に取り組むUR都市機構とともに、全町避難を強いられた福島県双葉町の現状を知るスタディーツアーを実施しました。ツアーを終えた学生たちは、町民やUR職員、復興を支える人たちと双葉町の未来を考えるセッションに臨みました。(2022.3.10掲載)

読売新聞 未来貢献プロジェクト

陸前高田市の復興支援事業
生まれ変わった陸前高田のまちを渡辺真理さんが訪れました(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市で、UR は復興に向けて、災害に強く、魅力あふれるまちづくりを支援してきました。(2022.2.7掲載)

Hanako

inTOHOKU UR都市機構が関わった10年
東北で活躍する人たち
巻組の代表・渡邊享子さん(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます) (別ウィンドウで開きます)

多くの人の手によって、変わらない個性と新たな魅力を備えた東北で生き生きと働く、街を愛する人たちにフォーカスしました。(2021.10.30掲載)

朝日新聞DIALOG

動き始めた町 未来への希望(前編)
学生3人と、大熊町職員2名が並んで歩いている写真(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

東日本大震災から10年。2019年4月に一部地区の避難指示が解除され、新たなスタートを切った大熊町を3人の学生が巡りました。(2021.3.11掲載)

朝日新聞DIALOG

豊かでやさしい町へ チャレンジ(後編)
スタディツアーを終えた感想を書いたボードを持って笑っている9名の学生の写真(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

学生たちが2日間にわたって見聞きしたスタディーツアーの内容を踏まえ、大熊町の新たな出発を支える方々とのセッションに臨みました。(2021.3.11掲載)

日経電子版

長野県佐久地域での災害復旧マネジメント
キャスター榎戸敦子さんの写真(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

URは東日本大震災などの復興支援経験を生かし、長野県佐久地域で長野県と共に災害復旧工事マネジメントを行っています。(2021.2.16掲載)

日経電子版

震災から10年岩手・陸前高田市の復興まちづくり
キャスター榎戸敦子さんの写真(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

URが取り組む東日本大震災からの復興支援。
震災から10年を迎える陸前高田市の今とこれからを紹介します。(2021.1.27掲載)

HUFFPOST

震災10年の道のりで見えた、新しい街(前編)

宮城県南三陸町沿岸部でのかさ上げ工事の様子(外部ページへリンク)(別ウィンドウで開きます)

自然の恵みを受けることは、脅威とともに生きること。東日本大震災からまもなく10年を迎える、宮城県南三陸町。震災までの暮らしと、新しいまちづくりを追いました。(2020.12.17掲載 )

HUFFPOST

震災10年の道のりで見えた、新しい街(後編)
南三陸ワイナリー株式会社 代表取締役の佐々木道彦さん(外部ページへリンク)(別ウィンドウで開きます)

宮城県南三陸町の新しいまちづくり。古くからの生業と新たなビジネスがはぐくむ町のにぎわいや復興まちづくりを追いました。(2020.12.22掲載 )

朝日新聞DIALOG

再生を超え、発展を目指すまち
(陸前高田の復興 前編)
陸前高田市の被害があった場所に立つ学生3人の写真(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

東日本大震災から9年。発災当時は中学生だったという3人の学生が陸前高田市内各所を巡り、時の流れと復興の歩みを体感しました。(2020.3.11掲載)

朝日新聞DIALOG

地域に活気をもたらす取り組み
(陸前高田の復興 後編)
セッションに参加した方々10人の集合写真。掲載記事へリンクします(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

被災地の復興の現状を学ぶスタディーツアーをに参加した大学生3人は、復興を支えてきた方々との「陸前高田の復興とこれから」を考えるセッションに臨みました。(2020.3.11掲載)

朝日新聞DIALOG

海辺の町は、最先端のコンパクトシティーになった(新しい「スタート」に満ちた、被災地・女川の復興 前編)
朝日DIALOG スタディーツアーに参加した学生3人の写真。掲載記事へリンクします(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

東日本大震災から8年。宮城県女川町を大学生3人が訪れ、復興まちづくりに関わった人々と「女川の今と未来」について語り合いました。(2019.3.11掲載)

朝日新聞DIALOG

大学生3人×女川町のまちづくり関係者7人によるセッション-対話して進めたまちづくりに、復興の英知があった(新しい「スタート」に満ちた、被災地・女川の復興 後編)
セッションに参加した10人の集合写真掲載記事へリンクします(外部ページへリンク、別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

まちづくりに関わった女川の人々と語り合い、8年の苦労や手応え、今だから言える本音を聞きました。(2019.3.11掲載)

その他

Yahoo!JAPAN SDGs

自然の機能から生活基盤を作ると、持続可能な社会につながる?URが考える「グリーンインフラ」の価値とは
江南団地関係者のみなさま(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

UR都市機構は、都市再生事業や賃貸住宅事業を通して、その地域がより豊かで心地よい場となるため、また、地域社会が抱える様々な課題を解決するために、自然の持つ多様な機能を活用してきました。グリーンインフラの意義と具体的な取り組みを、UR都市機構の方々に伺いました。(2022.9.16掲載)

HUFFPOST

「住む」から「暮らす」へ。まちづくりに求められる街の姿とは?
写真:Getty Images イメージ写真(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます) (別ウィンドウで開きます)

2021年、日々変化する「新しい生活様式」。
時代によって変化する社会課題から求められるまちづくりについて、考えてみました。(2021.1.26掲載)

HUFFPOST

日本の街が、世界に“輸出”されるワケ。132年を経て、まちづくりの先進国になった背景に迫る
青空の下でオーストラリア・ニューサウスウェールズ州政府担当者と現地を視察をするUR職員の写真(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

オーストラリア・ニューサウスウェールズ州におけるまちづくり支援には、日本の都市計画の特徴がいかされています。(2020.8.17掲載)

HUFFPOST

内風呂やステンレスの流し台は、なぜ普及した? 戦後の住まいと街の変化をインフォグラフィックでたどる
インフォグラフィックa histry of URのイメージ画像。1955年日本住宅公団設立から1964年東京五輪までの住まいと町の変化をイラストで表示。掲載記事へリンクします(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

時代によって変化する社会課題に応じて、住まいや街のあるべき形を提案し続けてきたURの歴史を、インフォグラフィックで振り返ります。(2019.11.28掲載)

PRESIDENT Online

“Open Smart UR”のもとで追求される人が輝く未来の住まい方とは
Open Smart URのイメージ画像。掲載記事へリンクします(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

2030年という近未来における住まいや暮らしのあり方について、URの石渡廣一副理事長とINIAD cHUBの坂村健機構長が語り合いました。(2019.3.25掲載)


メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ