街に、ルネッサンス UR都市機構

UR都市機構の広報活動 バックナンバー

賃貸住宅 ウェルフェア

読売新聞

理想の子育て環境を語り合う座談会

座談会に参加した4人の写真(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

多様な世代が生き生きと暮らす住まい・まちを目指して取り組むUR。理想の子育て環境について語り合いました。(2020.2.12掲載)

読売新聞

多世代が交流を楽しむ千葉幸町団地

子供たちとお年寄りが昔遊びで真剣勝負。多世代が交流を楽しむ千葉幸町団地。多様な世代が安心して生き生きと暮らせるまちづくりのため、URが取り組む「地域医療福祉拠点化」。その現場を取材しました。(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

「地域医療福祉拠点化」に取り組む現場を取材しました。(2020.2.12掲載)

HUFFPOST

商店街から広がる、新しい団地の暮らし。多世代がつながるコミュニティづくりの秘訣とは
商店会会長と商店街店長の写真。HUFFPOSTの記事へリンクします(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

場所はあるのに交流が生まれない。そんな課題を解決したのは、とある“異業種タッグ”でした。(2019.12.23掲載)

朝日BonMarche

子育てママに優しい"まち"って?

朝日BonMarche 東雲キャナルコートCODANの外観写真。掲載記事へリンクします(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

フリーマーケットや夏祭りなどコニュティー活動が盛んな東雲キャナルコートCODAN。子育て支援施設も充実しており、快適な"まち"をつくっています。(2019.1.14掲載)

読売OTEKOMACHI

子育て世代こそ注目してほしい フリーアナウンサーの中村仁美さんが見つけたURの「子ども目線の子育て」(団地の子育て 前編)
みさと団地(埼玉県三郷市)前にいるフリーアナウンサーの中村仁美さんの写真。掲載記事へリンクします(別ウィンドウで開きます)

埼玉のみさと団地には、貸し農園や魅力的なお店が入る商店街区「グレンタ」など、子育て中の家族にとって魅力的なものが詰まっています。(2018.11.12掲載)

読売OTEKOMACHI

子どもたちが自慢できる場所 URの「子ども目線の子育て」(団地の子育て 後編)
読売OTEKOMACHI 2 みさと団地(埼玉県三郷市)でブランコに乗るこどもの写真。掲載記事へリンクします(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

埼玉のみさと団地には、安全に遊べる公園や放課後に集まれる集会所など、子どもにとっても魅力的なものが詰まっています。(2018.11.26掲載)

都市再生 海外展開支援

HUFFPOST

日本の街が、世界に“輸出”されるワケ。132年を経て、まちづくりの先進国になった背景に迫る
青空の下でオーストラリア・ニューサウスウェールズ州政府担当者と現地を視察をするUR職員の写真(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

オーストラリア・ニューサウスウェールズ州におけるまちづくり支援には、日本の都市計画の特徴がいかされています。(2020.8.17掲載)

HUFFPOST

瀬戸内のある街に、全国から視察が殺到するワケ。「古きを活かし、にぎわいを生む」手法とは?
夕暮れ時の福山駅前の一角。雑居ビルをリノベーションした飲食店の店先にソファを出して食事を楽しむ人々の写真(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

持続可能な開発を目指して。広島県福山市に見る、リノベーションを通してまちを活性化するプロジェクト。(2020.3.26掲載)

HUFFPOST

「品川を、世界とつながる玄関口に」。2020年、日本の人と交通の流れを変える、駅と一体化したまちづくりとは
まちづくりが進む高輪ゲートウェイ駅周辺の様子(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

高輪ゲートウェイ駅と名づけられたJR東日本の新駅開業を2020年3月14日に控え、駅周辺の土地区画整理事業の全貌が今、姿を見せ始めている。(2020.2.27掲載)

HUFFPOST

“大阪最後の一等地”に、何が生まれる?貨物駅跡に建つ「基地」から見えたもの
うめきたのこうくう地区を眺めるこどもの写真。HUFFPOSTの記事へリンクします(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

「国家プロジェクトの街を、地域のみんなで育てたい」その狙いとは?(2020.1.27掲載)

震災復興支援

朝日新聞DIALOG

地域に活気をもたらす取り組み(陸前高田の復興 後編)
セッションに参加した方々10人の集合写真。掲載記事へリンクします(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)

被災地の復興の現状を学ぶスタディーツアーをに参加した大学生3人は、復興を支えてきた方々との「陸前高田の復興とこれから」を考えるセッションに臨みました。(2020.3.11掲載)

朝日新聞DIALOG

海辺の町は、最先端のコンパクトシティーになった(新しい「スタート」に満ちた、被災地・女川の復興 前編)
朝日DIALOG スタディーツアーに参加した学生3人の写真。掲載記事へリンクします(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

東日本大震災から8年。宮城県女川町を大学生3人が訪れ、復興まちづくりに関わった人々と「女川の今と未来」について語り合いました。(2019.3.11掲載)

朝日新聞DIALOG

大学生3人×女川町のまちづくり関係者7人によるセッション-対話して進めたまちづくりに、復興の英知があった(新しい「スタート」に満ちた、被災地・女川の復興 後編)
セッションに参加した10人の集合写真掲載記事へリンクします(外部ページへリンク、別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

まちづくりに関わった女川の人々と語り合い、8年の苦労や手応え、今だから言える本音を聞きました。(2019.3.11掲載)

その他

HUFFPOST

内風呂やステンレスの流し台は、なぜ普及した? 戦後の住まいと街の変化をインフォグラフィックでたどる
インフォグラフィックa histry of URのイメージ画像。1955年日本住宅公団設立から1964年東京五輪までの住まいと町の変化をイラストで表示。掲載記事へリンクします(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

時代によって変化する社会課題に応じて、住まいや街のあるべき形を提案し続けてきたURの歴史を、インフォグラフィックで振り返ります。(2019.11.28掲載)

PRESIDENT Online

“Open Smart UR”のもとで追求される人が輝く未来の住まい方とは
Open Smart URのイメージ画像。掲載記事へリンクします(外部ページへリンク。別ウィンドウで開きます)(別ウィンドウで開きます)

2030年という近未来における住まいや暮らしのあり方について、URの石渡廣一副理事長とINIAD cHUBの坂村健機構長が語り合いました。(2019.3.25掲載)

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ