街に、ルネッサンス UR都市機構

壁面緑化

NATURAL UR(ナチュラル・ユーアール) ロゴ

UR都市機構が行う環境配慮の取組みを『NATURAL UR(ナチュラル・ユーアール) 』として紹介しています。

壁面緑化の技術

壁面を緑化する方法には、①下から植物を登らせて緑化する登はん型、②植物を垂れ下がらせて緑化する下垂型、③壁面に緑化用のコンテナ等を取り付けた植栽基盤造成型の3つに大きく分けられます。
登はん型と下垂型の壁面緑化には、格子状のネットなどの補助資材を使用するタイプと、補助資材を使用しないタイプがあります。

①登はん型

②下垂型

③植栽基盤造成型

壁面緑化の事例紹介

場 所  : コンフォール霞ヶ丘
対象施設 : 立体駐車場(壁面、柱)
緑化形態 : 登はん
補助資材 : 線材、平面格子
植栽箇所 : 地盤
植栽樹種 : ビグノニア、ヘデラ類、トケイソウ
緑化年月 : 平成9年10月

壁面緑化

場 所  : 潮見駅前プラザ 二番街
対象施設 : 立体駐車場(壁面、柱)
緑化形態 : 登はん
補助資材 : 立体格子
植栽箇所 : 地盤、コンテナ
植栽樹種 : カロライナジャスミン
緑化年月 : 平成14年3月

壁面緑化

場 所  : 潮見駅前プラザ 一番街
対象施設 : 駐輪場
緑化形態 : 登はん
補助資材 : 立体格子
植栽箇所 : 地盤
植栽樹種 : ヘデラ類
緑化年月 : 平成14年3月

関連ページ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ