UR都市機構

あすと長町地区

あすと長町地区

大規模鉄道跡地の土地利用転換を土地区画整理事業により実現

Project Data

  • 所在地 宮城県仙台市太白区
  • 区域面積 約82ha
  • 事業手法 土地区画整理事業、関連公共公益施設整備(街路)

プロジェクト概要

仙台市長町地区には広大な貨物列車の基地がありましたが、貨物列車の輸送形態の変化および機能移転により生じた広大な跡地を基盤整備した上、土地利用転換し商業業務機能を高度化、仙台市の新しい副都心として育成。

UR都市機構の役割

土地区画整理事業による基盤整備と都市機能更新
  • URは宮城県および仙台市の要請により土地区画整理事業を施行。区域内の基盤整備を行い土地の高度利用を可能にしました。

街路の直接施行整備によるアクセス道路整備

  • 土地区画整理事業の「関連公共施設整備」として都市計画道路長町八木山線の整備をURにおいて実施。主要道路へのアクセスを確保し地域の活性化および利便性向上に貢献。あわせて仙台市の東西を貫く幹線道路の一部について整備の促進に寄与。

あすと長町アクセス道路位置図

あすと長町アクセス道路写真

この事例を実現した事業手法について

その他の事業の紹介

UR都市機構が取り組む都市再生事例をご紹介します。

プロジェクトのあゆみ

  • 昭和59年(1984年)
    • 2月 長町操車場機能停止
  • 昭和62年(1987年)
    • 4月 長町操車場跡地を国鉄清算事業団が承継
  • 平成 7年(1995年)
    • 11月 土地区画整理事業都市計画決定
         宮城県と仙台市から住宅・都市整備公団へ事業要請
  • 平成 9年(1997年)
    • 5月 土地区画整理事業認可
  • 平成16年(2004年)
    • 6月 都市計画道路長町折立線(当時の名称)仙台市から直接施行同意
      9月 都市計画道路事業承認(国土交通大臣からUR)
  • 平成25年(2013年)
    • 3月 都市計画道路長町八木山線UR整備区間整備完了
      6月 土地区画整理事業換地処分

この事例を実現した事業手法について

その他の事業の紹介

UR都市機構が取り組む都市再生事例をご紹介します。

メニューを閉じる

ページの先頭へ