UR都市機構

城野駅北地区

城野駅北地区

城野ゼロ・カーボン先進街区の形成に向けて

Project Data

  • 所在地 福岡県北九州市
  • 区域面積 約18.9ha
  • 事業手法 土地区画整理事業

プロジェクト概要

環境未来都市である北九州市のプロジェクト「城野ゼロ・カーボン先進街区」(北九州市小倉北区)のまちづくり実現に向け、都市基盤を整備する北九州都市計画事業城野駅北土地区画整理事業を施行します。

UR都市機構の役割

関係者と連携した低炭素型まちづくりの推進
  • 財務省、福岡県、北九州市とともに城野地区まちづくり基本計画を策定
  • 路面温度の上昇を抑制する舗装等低炭素インフラの整備や関係者間調整により、低炭素化技術・方策の導入を推進
  • 環境条件を付与した土地譲渡等により、まちづくりガイドラインを踏まえた民間事業者による低炭素型の開発やタウンマネジメント等を誘導
  • UR城野団地は団地再生事業(集約型)により、低炭素に資する住棟改修や高齢者施設等の誘導を行い、地区の魅力を向上

この事例を実現した事業手法について

その他の事業の紹介

UR都市機構が取り組む都市再生事例をご紹介します。

プロジェクトのあゆみ

  • 平成20年(2008年)
    • 3月 陸上自衛隊城野分屯地の機能移転
      7月 北九州市が「環境モデル都市」に選定
  • 平成21年(2009年)
    • 2月 財務省ほかと「城野分屯地跡地処理計画策定協議会」を設置
  • 平成23年(2011年)
    • 6月 福岡県、北九州市から事業要請
      8月 「城野地区まちづくり基本計画」策定
      9月 「城野地区の整備に関する基本協定」締結
         都市計画決定(土地区画整理事業ほか)
      12月 北九州市が「環境未来都市」に選定
  • 平成24年(2012年)
    • 5月 事業計画認可
      7月 「城野ゼロ・カーボン先進街区まちづくりガイドライン」策定
  • 平成26年(2014年)
    • 10月 「城野駅北地区タウンマネジメント推進会議」発足
  • 平成28年(2016年)
    • 春 まちびらき(予定)

この事例を実現した事業手法について

その他の事業の紹介

UR都市機構が取り組む都市再生事例をご紹介します。

メニューを閉じる

ページの先頭へ