UR都市機構

UR都市機構の海外展開支援

みなさまの理想の都市の実現をお手伝いします。

UR都市機構は60年以上にわたり、土地区画整理をはじめとするさまざまな都市開発手法やエリアマネジメントを通じて、新しい価値を創造し、高めてまいりました。
豊富な事業経験と、公的機関としての公平・中立な立場を活かし、事業の川上から川下まで、海外での都市開発におけるあらゆる段階の課題に対する解決策をご提案するとともに、日本の強みが盛り込まれた、高度で持続可能な都市“スマートシティ”の実現をお手伝いします。

海外展開支援業務の概要

海外展開支援業務の概要

日本のスマートシティの強み

長い歴史と固有の文化によって醸成された日本の都市。
限られた国土を最大限に活用し、災害や少子高齢化などの課題や時代の要請に対応しながら、質の高い暮らしを実現してまいりました。
さまざまな都市機能の統合や効率的な都市の管理などに、日本の美意識や技術を取り入れた日本の都市には、スマートシティの要素がふんだんに盛り込まれています。

EFFICIENT

GREEN

INCLUSIVE

INNOVATION & CREATIVE

RESILIENT

SYNERGISTIC & DESIGNED

海外におけるこれまでの取り組み

JICA(独立行政法人国際協力機構)を通じた専門家派遣

1979年から30年以上にわたり、土地区画整理・都市計画・防災などの分野における専門家として、UR都市機構の技術者を派遣し、各国の制度設計やまちづくりに協力しています。

海外からの研修・視察の受け入れ

世界各国からの要請に応え、UR都市機構が長年にわたり蓄積してきたまちづくりのノウハウに関する研修や、UR都市機構の手掛けるまちづくり現場の視察などの受け入れを行っています。

海外の政府関係機関などとの関係構築、国際フォーラムへの出展

海外の政府関係機関などと関係構築を図り、持続可能な都市の建設に向けた協力関係を築くとともに、国際フォーラムなどへの出展を通じて、UR都市機構についてのPRを行っています。

J-CODE(一般社団法人海外エコシティプロジェクト協議会)の事務局運営

日本の技術と経験で持続可能な都市を創るため設立された、日本企業を中心としたコンソーシアムであるJ-CODEの事務局として、国土交通省などとも連携しながら日本企業による事業の海外展開を支援しています。

調査業務の受託

日本企業による事業の海外展開に資する調査業務を受託しています。

日本語版パンフレット

これらのPDFファイルを表示するには、Adobe Acrobat Reader 3.0以降をダウンロードする必要があります。

お問い合わせ

〒231-8315 神奈川県横浜市中区本町6-50-1 横浜アイランドタワー
※総合受付は、5階です。横浜アイランドタワー高層棟では、入館時に1Fでも、お客様の行先等をお伺いしています。

TEL : 045(650)0111(本社代表)

メニューを閉じる

ページの先頭へ