街に、ルネッサンス UR都市機構

武庫川団地で「赤胴車de車掌さん体験」を開催しました!

2022年08月05日

7月9日(土)、武庫川団地(兵庫県西宮市)で、小学生以下のお子さまを対象にした「赤胴車de車掌さん体験」を開催し、22人が参加しました。これは、当団地で年に数回開催している「赤胴車マルシェ」の企画の一つです。
赤胴車の運転席を特別に開放。子どもたちが阪神電気鉄道の制服・制帽を着用し、写真撮影をしました。希望者には電車のヘッドマークを作成してもらい、チェキで撮影し、その場でプレゼントしました。毎回人気のイベントで、付き添いの保護者の方からは「孫が喜んでくれて大満足!」といった感想や、次回の開催を望む声がたくさん寄せられました。
URは、今後も地域コミュニティ-形成の支援に取り組んでいきます。

※赤胴車とは
上部がクリーム色、下部がバーミリオンで配色された阪神電車の車両の愛称。阪神電車の伝統の車両として多くの人に親しまれたが、令和2年6月に運行を終了した。令和3年7月、阪神電気鉄道との包括連携協定の一環として赤胴車が武庫川団地に設置され、地域のコミュニティスペースとして活用されている

赤胴車の前で記念写真!

気分は電車の車掌さん♪

世界に一つのオリジナルヘッドマーク!

白紙のヘッドマークとカラーペンやクレヨン

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ