街に、ルネッサンス UR都市機構

徳力団地で「見守りチャレンジ」を実施しました!

2021年12月22日

11月27日(土)、徳力団地(北九州市小倉南区)で、「見守りチャレンジ」イベントを開催しました。
「見守りチャレンジ」は、高齢者の行方不明が発生したときの早期発見のため、スマートフォンアプリを活用した地域の見守りを徳力団地自治会、社会福祉法人菅生会、北九州市立大学及びURが連携して実施する取り組みです。
プログラムでは、認知症の方への声かけ体験と捜索模擬訓練を5名ずつの6グループで体験し、体験後に参加者全員で結果の振り返りを行いました。参加者からは、「貴重な体験になった」「将来安心して住み続けることができる」という好評の声をいただいた一方、「声かけ訓練は初めての体験だったのでとても難しかった」、「捜索訓練はスマホを使うためその使いこなしがポイントになる」、という課題も認識することができました。
今後もURは、地域の方々が生き生きと暮らし続けられるまちづくりに取り組んでいきます。

社会福祉法人菅生会山家理事長による主催挨拶

実際の声かけは、なかなか難しい様子でした

大学生とスマホをチェックしました

混合チームで団地内を捜索しました

最後は皆さんで記念撮影を行いました

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ