街に、ルネッサンス UR都市機構

米本団地でUR防災専門家制度を活用した防災セミナーを開催

2021年04月01日

3月22日(月)、米本団地で自治会が主催する防災セミナーが開催され、団地にお住まいの方を中心に14人が参加されました。
米本団地では2019年3月から自治会が中心となって「地区防災計画」の策定に取り組んでおり、今年の6月に八千代市防災会議への提出を目指しています。
このセミナーでは、UR防災専門家制度※を活用して株式会社百年防災社代表取締役葛西氏を講師にお招きし、地域における災害時にも助け合えるコミュニティ形成の事例紹介や、在宅避難の実現に向けた行動などについてアドバイスをいただきました。参加者からは「具体的で参考になった、今後の活動にも活かしていきたい」「自助や共助の備えについて、近所の人たちと話し合っていきたい」などといった声が聞かれました。
今後もURでは地域と連携して、防災に関する情報発信に取り組んでいきます。

他地域の事例紹介に加え、「近所に助け合える方はいるか」「在宅避難の課題は何か」などを考える個人ワークも実施しました

座学だけではなく、参加者が考えた「在宅避難の課題」について発表する場面も

※UR防災専門家制度
URが、UR賃貸住宅にお住まいの方やまちづくり関係者などからの依頼を受け、防災に関する
様々な分野で高度なノウハウ、経験を有する学識経験者、防災団体に所属する有識者「UR防災専門家」に、地区防災計画、防災まちづくりや防災セミナーでの指導・講演などを委嘱しています。

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ