街に、ルネッサンス UR都市機構

ヌーヴェル赤羽台団地で遺跡見学会を開催しました

2020年11月18日

11月13日(金)、ヌーヴェル赤羽台団地(東京都北区)に隣接する赤羽台西小学校の6年生を、遺跡発掘現場に招待しました。団地や赤羽西小学校を含む周辺地域は道合(みちあい)遺跡の上にあり、建替事業の一環で埋蔵文化財発掘調査を行っています。
児童らは、発掘された竪穴住居跡や、復元された本物の土器など、初めて見て触れる体験に、みんな興味津々でした。自分たちが通っている小学校の真下にも、弥生時代や平安時代の住居跡や土器が多く眠っていることに大変感激した様子で、「すごい!」「本物に触っていいの!」など、歓声があちこちから聞こえました。
今年はコロナ禍で課外活動が出来なかった中、もうすぐ卒業を迎える6年生にとっても、思い出に残る体験になったようです。

抜けるような青空の下で見学会を開催することができました

弥生時代の竪穴住居跡の周りで熱心に説明を聞いています

平安時代の竪穴住居跡に入ってみんなで観察

見学ルートの脇では実際に発掘している様子も見れました

発掘された本物の土器を手に取って観察

メニューを閉じる

ページの先頭へ