街に、ルネッサンス UR都市機構

羽田空港跡地第1ゾーンがまちびらきしました!

2020年07月03日

7月3日(金)、羽田空港跡地第1ゾーン(東京都大田区)がまちびらきをしました。これに伴い、京浜急行電鉄空港線および東京モノレールの天空橋駅前の交通広場が開放され、大規模複合施設「羽田イノベーションシティ(事業者:羽田みらい開発)」がオープンしました。
URは、空港の滑走路などの跡地を、羽田空港跡地地区土地区画整理事業の施行者として、大田区などと協力し、整備を進めてきました。
国際空港に隣接する立地を生かし、世界と地域をつなぐゲートウェイとして国内外のヒト・モノ・情報を集積させ、新産業の創造と日本のものづくり技術や魅力を発信する「新産業・創造・発信拠点」づくりが進められています。
今後もより良いまちを目指して、地区の整備を継続していきます。

交通広場の全景(パノラマ撮影)
拡大
広場(バス乗り場)と羽田イノベーションシティ
拡大
羽田空港跡地地区の案内図
拡大
羽田空港跡地地区のまちびらき状況

メニューを閉じる

ページの先頭へ