街に、ルネッサンス UR都市機構

大島四丁目団地で介護予防事業「サロン大島」が再開しました

2020年06月26日

6月18日(木)、大島四丁目団地(東京都江東区)の集会所で、「サロン大島」の活動が、約3カ月ぶりに再開しました。
これは、江東区とURが取り交わした「介護予防・日常生活支援総合事業の実施に関する覚書」に基づいた取り組みで、住民やボランティアが中心になって、支援が必要な方々に通いの場やサービスを提供するものです。当団地では、NPO法人たんぽぽ会が運営しています。
当日は14人が参加。入口で検温・消毒を済ませ、窓を開放した室内でソーシャルディスタンスを確保し、椅子にすわっての体操や、保健師の方からマスクの正しい付け方とコロナ感染対策のお話がありました。皆さん、久しぶりの集まりだったようで、おしゃべりしながらの楽しい時間となりました。
今後も活動を通じ、ご高齢の方同士の交流が増え、地域の輪が広がることを期待しています。

入口で参加者の額に検温測定器をあてている写真入口で体温測定をします

参加者が手を椅子にすわりながら手を挙げて体操をしている写真全員がマスクをつけてソーシャルディスタンスを保って体操。
体を動かすのは気持ちいいですね

手作り巾着を参加者が見ている写真参加者の方からのご厚意で手作り巾着のプレゼント。
マイ箸・マイコップ持参用として活躍します。
感染予防・ごみ削減にも繋がります

参加者が昼食を食べている写真本日のメニューは鮭のタルタルソース焼き。
久しぶりにみんなと一緒の楽しい会食となりました

メニューを閉じる

ページの先頭へ