街に、ルネッサンス UR都市機構

神戸大学で「未来の団地×ITアイデアソン」を開催しました

2019年10月31日

10月22日(火)、神戸大学(神戸市灘区)で、大学、NTTデータ、URの共催で「未来の団地×ITアイデアソン」を開催しました。
このイベントは、三者それぞれが持つ強みやこれまでの取り組みを生かし連携することによって、地域課題解決と次世代人材の育成を目指すものです。
URは団地の現状と課題を説明し、これについて約20人の学生が、ITを活用した課題解決のアイデアをグループに分かれて出し合いました。若い感性と創造力で斬新なアイデアが次々と生み出され、白熱した議論が交わされました。最後にグループごとにプレゼンを行い、優勝チームが表彰されました。
今後も大学や地域の方々と連携して、地域課題の解決に取り組んでいきます。


団地の課題など説明を熱心に聞いている参加者の写真URから団地の課題などを説明

和気あいあいとグループで議論している写真どのグループも和気あいあいと議論していました

プレゼンの様子と熱心に聞いている参加者の写真プレゼンの様子

優勝チームが表彰されている写真優勝チームを表彰

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ