UR都市機構

流山新市街地地区で事業竣功記念式典を開催しました

2019年10月09日

10月5日(土)、新市街地地区(千葉県流山市)の土地区画整理事業の完了と市の総合的なまちづくりの実現を記念し、URと流山市の共催で、事業竣功記念式典を開催しました。
式典では、URの宅地業務担当本部長後藤浩から土地区画整理審議会委員・評価員に、また、流山市の井崎義治市長から地元の安心・安全まちづくり協議会に感謝状を贈呈し、事業の完了を祝いました。
続いて、未来を担う子供たちにまちの将来を考えるきっかけになるよう、「過去と現在」「人と自然」などをテーマとした「まちの案内板」をURから流山市に贈呈。地元小中学校の児童生徒代表とともに除幕式でお披露目しました。
最後に、おおたかの森中学校吹奏楽部による記念演奏が行われ、「都心から一番近い森のまち」を目指したまちづくりの実現を皆さまと祝いました。

感謝状贈呈式の写真「感謝状贈呈式」の様子

あいさつをする流山市の井崎市長の写真あいさつをする流山市の井崎市長

「まちの案内板 除幕・贈呈式」の様子の写真、左から井崎流山市長、地元小中学校の児童生徒代表、左から井崎流山市長、地元小中学校の児童生徒代表、「まちの案内板 除幕・贈呈式」の様子
左から井崎流山市長、地元小中学校の児童生徒代表、
UR宅地業務担当本部長の後藤

おおたかの森中学校吹奏楽部が記念演奏を披露している写真記念演奏の様子

まちの案内板設置イメージ写真とQRコードの拡大写真まちの案内板設置イメージ

ビルドアップが進む流山おおたかの森駅周辺の航空写真ビルドアップが進む流山おおたかの森駅周辺の様子

メニューを閉じる

ページの先頭へ