UR都市機構

砂町銀座商店街でまちづくり模型展示イベントを開催

2018年10月11日

9月27日(木)、29日(土)の2日間、砂町銀座商店街(東京都江東区)で、芝浦工業大学志村秀明教授の研究室協力のもと、まちづくり模型展示イベントを開催しました。
これは、URと江東区地域整備課が事務局を務める「北砂三・四・五丁目まちづくり協議会」で、商店街沿道の防災性向上とさらなる活性化を目指し、商店街関係者や地元住民らが議論する「商店街部会」の活動の一つです。展示した商店街の模型(1/50スケール)は、部会の専門アドバイザーである志村研究室にご協力いただき、商店街の活性化や沿道空間のあり方などを検討するために作成しました。
イベントでは、学生が来場者に、模型や商店街のマップ、商店街の歴史などを紹介し、商店街の魅力などに関するアンケート調査を行いました。アンケート結果は、今後の商店街部会で砂町銀座商店街の将来像に反映させていく予定です。

会場の様子の写真会場の様子

芝浦工業大学志村研究室作成の商店街模型の写真芝浦工業大学志村研究室作成の商店街模型

メニューを閉じる

ページの先頭へ