UR都市機構

武庫川団地で「防犯講座&見守りサービス説明会」を開催

2018年05月08日

4月24日(水)、武庫川団地(兵庫県西宮市)で、兵庫県甲子園警察署と阪神住まいセンターが連携して、団地にお住まいの方を対象とした「防犯講座&見守りサービス説明会」を開催しました。
講座では、警察署員が、「安全・安心なまちづくりには、自ら犯罪を未然に防ぐ心構えが必要です」と説明。件数の多い自転車盗難や車上狙いについては、鍵を掛けている自転車でも狙われるので、ツーロック(二重錠)が効果的であることや、荷物を車中に置いたままにしないことが重要といった具体的な防犯のお話がありました。
また、特殊詐欺対策として、警察署員2人が、偽の親孝行息子がお年寄りから大金をだまし取るという悪質な手口を、漫才形式でわかりやすく熱演しました。
引き続きURは、団地にお住まいの皆さまが、安全・安心に暮らしていけるよう、快適なまちづくりに取り組んでいきます。

聴講する参加者の写真甲子園警察署管内の犯罪情勢とその対策を熱心に聴講する
参加者の皆さま

警察署員の講義の写真安全・安心なまちづくりには、ご近所や親族で声掛けして
自主防犯活動に努めることが必要ですとのこと

警察署員が振り込め詐欺の手口を披露している写真警察署員が、偽の親孝行息子役(右)と高齢の父親役を演じて
振り込め詐欺の手口を披露

URから「URの見守りサービス」について説明の写真防犯講座終了後に、URから「URの見守りサービス」について
説明

メニューを閉じる

ページの先頭へ