街に、ルネッサンス UR都市機構

梅ノ木団地で九州女子大学とのコラボ住宅のモデルルームを公開中

2017年12月23日

12月23日(土)から、梅ノ木団地(福岡県遠賀郡水巻町)で、九州女子大学とコラボレーションしたDIY住戸のモデルルームを公開しています。
このDIY住戸は、団地の活性化のために九州女子大学とURが連携協定を締結したことをきっかけに、授業の一環として、学生が2つの住戸のインテリアデザインを企画してDIYも自ら行ったものです。ウィリアムモリスデザインのモダンな壁紙、ヴェネチアンスタッコ(イタリアしっくい)の壁、DIYパーツブランド「ラブリコ」の棚を使用するなど、女子大生ならではのセンスとアイデアが満載で、若い方たちに好まれるおしゃれな部屋になりました。
完成した住戸のうち、1戸はモデルルームとして公開中で、もう1戸は現在入居者を募集しています(入居者が決まり次第、募集は終了します)。

作業をする学生の皆さん

モデルルームのテーマは「レトロエレガンス」。ウィリアムモリスの壁紙がポイントです

募集中住戸のテーマは「西海岸×ブルックリンスタイル」です

九州女子大学の先生、学生の皆さんと記念撮影

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ