街に、ルネッサンス UR都市機構

金山団地で学生によるオリジナルオペレッタを上演

2017年12月17日

12月17日(日)、金山団地(福岡市城南区)の集会所で、URと連携協定を締結している中村学園大学短期大学部の幼児保育学科永渕ゼミの学生が、オリジナルのオペレッタ「アラジン」の上演会を行いました。
当日は、団地にお住まいのさまざまな世代の方が40人以上お越しになり、用意した席は満席に。学生たちの熱演もあって大盛況でした。
オペレッタの上演会は、昨年に引き続き2回目で、リピーターの方もいらっしゃるほどの人気です。
企画から衣装づくりまですべて学生たちが行い、授業の合間に半年以上かけて練習したそうで、子どもから大人まで楽しめるレベルの高いものに仕上がっていました。
オペレッタを楽しんだ後は、衣装を着たままの学生たちも参加して交流会を開催しました。皆さん、オペレッタの話で盛り上がるなど、楽しく交流されていました。

オリジナルのオペレッタ「アラジン」の上演会の様子オペレッタの様子

中村学園大学短期大学部の幼児保育学科永渕ゼミの学生の集合写真すばらしいオペレッタを披露してくれた学生の皆さんと永渕先生(前列右端)

衣装を着たままの学生たちも参加した交流会の様子交流会も盛り上がりました

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ