街に、ルネッサンス UR都市機構

原団地で種まきワークショップを開催

2017年10月28日

10月28日(土)、原団地(福岡市早良区)で、種まきワークショップを開催しました。
この企画は、団地にお住まいの方が利用できる共同花壇「花えにし」が団地内に誕生したことを記念したものです。「花えにし」をより身近に感じてもらうために、パンジーなどの花の種まきをURと団地自治会が協力して行いました。
当日は、団地にお住まいの方だけでなく中村学園大学の学生も参加し、講師に教わりながらポットに土を入れ、種をまきました。花の種がとても小さく細かい作業でしたが、皆さん手際よく種まきをしていました。
12月上旬の次回ワークショップでは、今回種まきした花を大きく育てるための鉢の植え替えと、別の苗を共同花壇に植える作業を行う予定です。

共同花壇「花えにし」

ワークショップの様子

育苗ポットに土を入れ、種をまきました

小さなお子さまも参加してくださいました

種まきの手順等を記載した「お花手帳」

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ