街に、ルネッサンス UR都市機構

江古田三丁目地区の報道関係者向け説明会を開催

2017年10月25日

10月25日(水)、江古田三丁目地区(東京都中野区)の報道関係者向け説明会を、積水ハウス、総合東京病院、URが共同で開催しました。
URは当地区で、「多世代により育まれる持続可能な地域をつくる」というコンセプトを掲げ、積水ハウスおよび総合東京病院と連携し、分譲・賃貸マンション、サービス付き高齢者向け住宅などの多様な住宅のほか、小児医療を行う病院を備えたまちづくりを進めており、平成30年秋のまちびらきに向けてさまざまなイベントの実施や情報発信を行っています。
説明会では、官民医が連携した先進的なまちづくりの取り組みや事業経緯などについて説明。連携を図ってきた中野区の田中大輔区長にもご登壇いただき、「当プロジェクトが、中野区の目指す将来都市像に寄与するまちづくりとなるよう期待している」とのお言葉をいただきました。
今後も、当地区の取り組みにぜひご期待ください。

報道関係約20社に参加いただきました

URの取り組みについて、東日本都市再生本部の
田中伸和本部長から説明しました

江古田三丁目まちづくり協議会のメンバーと、
田中大輔中野区長(右から2人目)

テレビの取材も受けました

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ