街に、ルネッサンス UR都市機構

豊明団地 「けやきテラス」がオープン

2017年07月02日

7月2日(日)、豊明団地(愛知県豊明市)に「けやきテラス」がオープンしました。
「けやきテラス」は、団地の集会所棟を大きく改修し、1階のテラスに面して開放的な造りとなった集会所に加え、豊明東郷医療介護サポートセンター「かけはし」※1、ロボティックスマートホーム実証研究施設※2、豊明市の地域包括支援センターを新たに設置する機能施設です。
当日は、「かけはし」の開所式が開催され、豊明市の小浮正典市長、東郷町の川瀬雅喜町長、藤田保健衛生大学の星長清隆学長、URの伊藤功中部支社長など多数の関係者が出席し、テープカットを行いました。これに合わせ、集会室での落語公演をはじめ、団地自治会、商店会、同大学の学生やURが参加してさまざまな催しを行い、お住まいの皆さまに楽しんでいただきました。

  • ※1豊明東郷医療介護サポートセンター「かけはし」
    在宅医療・介護連携推進事業に基づく、医療介護の連携拠点。豊明市・東郷町・藤田保健衛生大学が共同で運営する。大学としては全国で初めて運営を担当
  • ※2ロボティックスマートホーム実証研究施設
    藤田保健衛生大学が企業と連携し、ロボットや生活支援機器を住戸内に設置。ロボットを活用した生活体験を通じて実証実験を実施

「けやきテラス」外観

「かけはし」開所式でのテープカット

ねむ亭安楽さんによる落語の様子

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ