街に、ルネッサンス UR都市機構

埼玉県上尾市の尾山台団地で「50周年フェスティバル」開催

2017年05月28日

5月28日(日)、昭和42年の入居開始から今年で50年の節目を迎えた尾山台団地(埼玉県上尾市)で、「50周年フェスティバル」(団地自治会主催)が開催されました。団地内外から多く方々が来場し、会場は活気にあふれました。
団地の広場などには数多くの出店が立ち並び、団地の歴史を振り返る写真展や小中学生による合唱・演奏、フリーマーケットなど、さまざまな催しが行われました。
URは、尾山台団地のコミュニティー活性化につなげる活動の一環として、会場の一角で「シイタケの栽培イベント」を開催しました。フェスティバルの5日前から、交番跡の建物を活用し、事前に募ったボランティアとともにシイタケを栽培。当日は、シイタケに関するクイズや栽培方法を紹介し、参加者には栽培したしいたけをプレゼントしました。約50人が参加し、「楽しかった。今後、コミュニティー活動のボランティアにも参加してみたい」などの声が寄せられました。

会場には、団地内外から多くの人々が訪れました

芝浦工大の学生ボランティアが段ボールで団地の様子を再現

交番跡の建物。この中でシイタケを栽培しました

シイタケの栽培イベントには、子供からお年寄りまで約50人が参加し大にぎわい!

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ