街に、ルネッサンス UR都市機構

知立市と「地域医療福祉拠点整備の推進に関する包括協定」を締結

2017年05月24日

5月24日(水)、愛知県知立(ちりゅう)市役所で、知立市の林郁夫市長とURの伊藤功中部支社長が「知立市と独立行政法人都市再生機構との地域医療福祉拠点整備の推進に関する包括協定」を締結しました。
知立団地では、少子高齢化や外国人世帯の増加などの地域課題に対応するため、これまでも市や団地自治会の方々と協議を重ね、団地内に知立市立多文化共生センター「もやいこハウス」を設置するなどの取り組みを行ってきました。
今回の協定により、知立市とURは、医療福祉施設などの充実や、子育て支援など若い世代への支援、介護・医療・見守りなど高齢者世代への支援、多世代・多文化における地域交流活性化など、より幅広い分野で連携協力することになります。
今後もURは、地域にお住まいの皆さまが住み慣れた地域で安心して暮らし続けられる環境づくりに取り組んでいきます。

締結式の様子

左から伊藤支社長、林市長

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ