街に、ルネッサンス UR都市機構

「三鷹中央防災公園・元気創造プラザ」の落成記念式典が開催

2017年04月08日

4月8日(土)、「三鷹中央防災公園・元気創造プラザ」の落成記念式典が、現地にて、三鷹市主催により、約300人が出席し行われました。この公園と施設は、平成22年度に三鷹市からの要請を受け、URが整備し、2月末に市へ引き渡したものです。
式典では、清原慶子市長があいさつされ、URに感謝状を授与しました。
三鷹市とURは、URが市内に牟礼(むれ)団地を建設した昭和31年からの長いお付き合いです。平成21年度にはUR初の「まちづくりに関する包括協定」を締結し、都市再生や団地再生などを市と協働して進めています。
当地区は事業完了となりましたが、今後も三鷹市との信頼関係を継続し、まちづくりに取り組んでいきます。

左から、URの岡雄一東日本賃貸住宅本部長、清原市長、冨沢彦昭東京多摩青果会長、URの田中伸和東日本都市再生本部長

三鷹中央防災公園・元気創造プラザの全景

防災公園地下空間を活用したメインアリーナ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ