街に、ルネッサンス UR都市機構

北海学園大学・北海商科大学と地域活性化に向けた連携協定を締結

2016年09月16日

9月16日(金)、学校法人北海学園(北海学園大学・北海商科大学)とURは、北海道エリアで初の地元大学との連携協定を締結しました。北海学園の持つ専門知識や、学生の活力を、UR賃貸住宅やその周辺地域の課題などへの対応に生かし、協働して地域の活性化を図っていく予定です。
具体的には、北海学園大学工学部建築学科の2つの研究室が、澄川団地(札幌市南区)で、「色彩シミュレーションによる外壁色が団地に与える影響」「団地住戸の住まい方調査」などの研究をもとに、住環境の改善や多世代間の交流を生み出す取り組みを計画しています。この連携・協働によって、将来にわたって持続可能なまちづくりの実現を目指します。

協定締結の様子。
北海学園の森本正夫理事長(左)とUR東日本賃貸住宅本部の岡雄一本部長

学生による色彩調査の様子。
団地にお住まいの方にアンケートを記入していただきました

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ