UR都市機構

講演会で徳力団地での取り組みを報告しました

2019年04月10日

3月27日(水)、小倉医師会介護サービス総合センター(北九州市小倉南区)で、「住み慣れた場所で最期まで暮らせるまちづくりひとづくり」をテーマに、平成30年度在宅療養普及啓発講演会(北九州市小倉医師会、小倉在宅医療・介護連携支援センター主催)が開催され、医療や介護に携われている方を中心に、約60人の方が参加されました。
初めに、徳力団地(北九州市小倉南区)で事業、活動を行う4者による講演が行われました。URは、徳力団地を取り巻く環境の変化や、地域医療福祉拠点化の取り組みについて発表しました。
講演会の最後には、テーマの実現のために、それぞれの立場でどのように地域に関わっているか、関わっていけばよいかについてパネルディスカッションが行われ、今後の徳力団地における取り組みの方向性を再確認しました。

地域医療福祉拠点化の取り組みについて講演するURウェルフェア推進課長の写真地域医療福祉拠点化の取り組みについて講演する
URウェルフェア推進課長の岡本章吾

パネルディスカッションをしている写真パネルディスカッションの様子

平成30年度在宅療養普及啓発講演会 式次第

メニューを閉じる

ページの先頭へ