UR都市機構

第5回 DANCHI Caravan in 町田山崎を開催しました!

2019年03月26日

3月9日(土)と10日(日)、町田山崎団地(東京都町田市)で、「第5回DANCHI Caravan in 町田山崎~防災まつり~」を開催しました。
これは、URと団地自治会・自主防災会が主催し、良品計画など地域で活躍する企業、近隣の桜美林大学、地元の警察署や消防署など産学官連携の下、楽しく防災を学ぶ体験型のイベントです。今回は、被災時のテント泊を想定し団地の広場に自分でテントを張り一夜を過ごす「団地deキャンプ」、震度7の揺れを体験できる起震車体験、東日本大震災後の様子を紹介する復興写真展など、35のコンテンツを用意しました。
また、東京都住宅供給公社が管理する町田木曽団地内でのイベントとも連携を図ったほか、UR職員らのサックス演奏に合わせて地元の幼稚園児たちが合唱を披露するなど、新しい試みも行われました。
イベントには約3000人が来場し、防災を通して近所のつながりを体験していただくことができ、会場には多くの笑顔があふれる2日間となりました。

良品計画による「いつものもしもワークショップ」の写真良品計画による「いつものもしもワークショップ」

起震車体験の写真起震車体験

損保ジャパンのブースに子どもたちが集まっている写真損保ジャパンもブースを出展

団地deキャンプのためにテントを張る参加者の写真団地deキャンプのためにテントを張る参加者

夜のテントの外観写真テントの中で一夜を過ごします

東京ガスによる「火育ワークショップ」に参加している人の写真東京ガスによる「火育ワークショップ」

木育ワークショップに参加している子どもたちの写真木育ワークショップ

URの社内バンドによる演奏会の写真URの社内バンドによる演奏

メニューを閉じる

ページの先頭へ