街に、ルネッサンス UR都市機構

南三陸町震災復興祈念公園で植樹式が開催されました

2020年12月28日

南三陸町震災復興祈念公園(宮城県南三陸町)で、12月13日(日)に南三陸町主催による植樹式が開催されました。当公園は、東日本大震災の犠牲者を追悼し、震災の記憶と教訓を継承する場となっており、事業を受託したURにより平成28年から整備が進められ、本年10月に全体開園を迎えました。
公園内の「みらいの森」エリアで行われた植樹式には町内の小学生や保護者等が参加し、南三陸町の木であるタブノキやヤマモミジなど70本が復興への願いを込めて植えられました。
この森の成長していく姿は、自然の回復力と復興に向かって進み続ける人々を表し、人の営みと自然が調和するまちの未来を象徴しています。
当日は雪の舞う中、参加者が力を合わせて植樹を行い、これからの木々の成長を楽しみにしていました。

植樹の様子

みらいの森

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ