UR都市機構

曳舟駅前地区(イーストコア曳舟)

曳舟駅前地区(イーストコア曳舟)

地域の防災性の向上と拠点形成のリーディングプロジェクト

Project Data

  • 所在地 東京都墨田区
  • 区域面積 約2.8ha
  • 事業手法 市街地再開発事業

プロジェクト概要

当地区は、東武伊勢崎線と京成押上線を結ぶ交通の要所にあり、賑わいのある中心市街地として今後の発展が期待されるところですが、震災や戦災の災禍を免れた地域であり、老朽化した木造建物や狭隘な道路が多いなど密集市街地特有の防災上の課題を抱えていました。
UR都市機構は、地権者や墨田区からの事業協力要請を受け、土地の高度利用や防災性の向上に資する市街地再開発事業を推進しました。

UR都市機構の役割

プロジェクト初期段階からのコーディネート
  • 基本計画案の策定
  • 公共団体及び地権者の意向確認、地権者間の権利調整
  • 民間事業者のニーズを取り入れた事業スキームの構築

曳舟駅前地区(イーストコア曳舟)

市街地再開発事業の実施

  • 住宅、商業、生活支援施設及び公共施設の整備
  • 特定建築者制度を活用した民間事業者の参画誘導

この事例を実現した事業手法について

その他の事業の紹介

UR都市機構が取り組む都市再生事例をご紹介します。

プロジェクトのあゆみ

  • 平成7年(1995年)
    • 8月 区及び準備組合から施行要請
  • 平成13年(2001年)
    • 11月 都市計画決定(市街地再開発事業)
  • 平成15年(2003年)
    • 11月 事業計画認可
  • 平成16年(2004年)
    • 9月 権利変換計画認可
  • 平成17年(2005年)
    • 10月 Ⅰ街区(住宅N棟)工事着工
  • 平成20年(2008年)
    • 10月 Ⅰ街区(住宅N棟)竣工
  • 平成21年(2009年)
    • 4月 Ⅱ街区(商業施設)工事着工
      11月 Ⅰ街区(住宅S棟)竣工
  • 平成22年(2010年)
    • 11月 Ⅱ街区(商業施設)竣工
  • 平成23年(2011年)
    • 3月 事業完了

この事例を実現した事業手法について

その他の事業の紹介

UR都市機構が取り組む都市再生事例をご紹介します。

メニューを閉じる

ページの先頭へ