街に、ルネッサンス UR都市機構

紅梅団地で生活支援サービス提供拠点としてのコンビニエンスストアのオープニングセレモニーが開催されました

2020年11月18日

10月29日(木)朝6時40分、紅梅団地(北九州市八幡西区)でセブン-イレブン八幡清納店のオープニングセレモニーが開催されました。
朝早くからお集まりいただいたお客さまを前に、店舗オーナー佐藤氏をはじめとする関係者による挨拶やテープカットなどが行われました。朝早くからお集まりいただいたお客さまを前に、店舗オーナー佐藤氏をはじめとする関係者による挨拶やテープカットなどが行われました。開店後は、福袋の販売や野菜の詰め放題などの催しに、多くの方が訪れてにぎわいました。
当店舗は、これまで地域密着型コンビニエンスストアとして、紅梅団地近隣で地域イベントの実施や老人介護施設、学校、工場等への配達などの様々なサービスを提供してきましたが、このたび団地内への移転を機に、生活支援サービスの提供拠点として生まれ変わりました。
今後も、URが目指す多様な世代が生き生きと暮らし続けられる住まい・まちの実現に向けて取り組んでいきます。

テープカットの様子。左から、(株)セブン-イレブン・ジャパン 水口総括マネージャー、UR九州支社長太田、セブン-イレブン八幡清納店 佐藤オーナー、佐藤マネージャー、UR 九州支社住宅経営部長矢嶋、(株)セブン-イレブン・ジャパン 竹之内北九州地区マネージャー

セブン-イレブン八幡清納店佐藤オーナーによるあいさつの様子

福袋が陣列している開店前の様子

メニューを閉じる

ページの先頭へ