UR都市機構

浜甲子園で夏まつり連携「団地伐採竹を利用した竹細工体験」を開催

2018年08月08日

7月29日(日)、浜甲子園団地(兵庫県西宮市)の中央広場で自治会主催の「はまこう夏まつり」が開催されました。これに合わせ、URの阪神住まいセンターが「竹細工体験」を開催しました。
このイベントは、団地の植物を管理するグリーンマネージャーと連携し、資源の有効利用と廃棄物の削減を目的に企画しました。
団地内で伐採した竹を加工したものに、絵を描いたりビーズなどでデコレーションしたりして、貯金箱や一輪挿しなどを製作。子供たちから年配の方々までさまざまな世代に楽しんでいただき、世界に一つだけの作品が120個完成しました。夏休みの自由研究として貯金箱を提出する小学生もいるようです。
URはこれからも、地域の方々と連携しながら、UR賃貸住宅を身近に感じていただけるようコミュニティー形成支援などに取り組んでいきます。

参加者がビンゴゲームをしている写真はまこう夏まつりは、毎年恒例のビンゴゲームで幕開け

竹細工の写真少しの工夫で資源の有効利用となり、廃棄物となる予定の「竹」が大変身!

竹細工をする参加者の写真一生懸命考えて、個性豊かな貯金箱を
作り上げていきます

親子で竹細工を楽しんでいる写真お母さんと一緒に楽しい夏まつりの想い出づくりになります

ゲームを楽しむ子供たちの写真同時開催したパターゴルフ。ホールインワン目指して、
多くの子供たちの笑顔がはじけました

盆踊りを楽しんでいる写真日が落ち、クライマックスは夏まつりには欠かせない
盆踊りです

伐採木を利用したネームバッジの写真今まで行ったグリーンマネージャーと連携したイベントで、UR職員などスタッフが着用したお手製のネームバッジ。これも伐採木を利用して作成

メニューを閉じる

ページの先頭へ