UR都市機構

三軒茶屋地区(世田谷ティーズヒル)

三軒茶屋地区(世田谷ティーズヒル)

防災ネットワークの整備と良好な住宅市街地の一体的整備

Project Data

  • 所在地 東京都世田谷区
  • 区域面積 約3.0ha
  • 事業手法 密集市街地整備事業
    (住宅市街地総合整備事業)

プロジェクト概要

当地区は、狭隘道路や行き止まりの道路が多く、老朽化した木造住宅が密集しているなどの課題を抱えており、防災性の向上や居住環境の早期改善が望まれていました。
UR都市機構は、地方公共団体、民間事業者等との役割分担のもと、都市計画道路・主要生活道路の拡幅整備や、防災広場・ポケットパークの整備、沿道の緑化等による密集市街地の整備改善及び良質な都心居住住宅の供給等を行いました。

UR都市機構の役割

地方公共団体と連携したコーディネート
  • 周辺市街地の防災性の向上に資する基本計画づくりを区と連携して実施

拠点地区の整備

防災性の向上に資する公共施設等の整備
  • 住宅市街地総合整備事業の拠点地区における主要生活道路、敷地内通路、一時避難広場等の整備
  • 道路整備のための移転用代替地の整備
  • 都市計画道路の整備

公共施設等の整備

市街地整備事業への民間事業者の参画誘導
  • 共同分譲事業による住宅整備
  • 地域に不足する生活支援施設の運営

市街地整備事業

この事例を実現した事業手法について

その他の事業の紹介

UR都市機構が取り組む都市再生事例をご紹介します。

プロジェクトのあゆみ

  • 平成8年(1996年)
    • 3月 大学跡地を取得
  • 平成11年(1999年)
    • 10月 区と「まちづくり基本協定」を締結
  • 平成12年(2000年)
    • 3月 住宅市街地総合整備事業整備計画(世田谷区)の大臣承認
      12月 都市計画道路補助209号線の事業承認
  • 平成14年(2002年)
    • 3月 生活支援施設供用開始、UR賃貸住宅入居開始
  • 平成15年(2003年)
    • 8月 補助209号線 工事着工
  • 平成19年(2007年)
    • 3月 補助209号線 事業完了

この事例を実現した事業手法について

その他の事業の紹介

UR都市機構が取り組む都市再生事例をご紹介します。

メニューを閉じる

ページの先頭へ