UR都市機構

北田大手町地区(リナシティかのや)

北田大手町地区(リナシティかのや)

拠点都市の中心市街地の活性化

Project Data

  • 所在地 鹿児島鹿屋市
  • 区域面積 約1.7ha
  • 事業手法 市街地再開発事業

プロジェクト概要

鹿児島県鹿屋市の中心市街地である当地区は、国道504号と269号が結節する交通の要衝にあり、旧・鹿屋市の中心地のなかでも中枢的役割を担っていましたが、近年は街のスプロール化等による商業基盤の低下が顕著になってきており、活性化のための環境及び施設の整備が求められていました。
UR都市機構は、国や市の関連事業とも連携した市街地再開発事業を施行し、公益施設、商業・業務施設等で構成される複合交流拠点を一体的に整備しました。

UR都市機構の役割

実現可能な事業フレームの構築
  • 市街地再開発事業に係る豊富なノウハウを活用し、地域の実情に合わせた事業フレーム(低容積の身の丈再開発)を構築。
  • 特定建築者制度を通じた民間事業者の参画誘導

北田大手町地区全景

国・地方公共団体等と連携した事業の計画、実施

  • 国の河川整備事業(護岸壁面、河川情報施設整備)、市の地域交流拠点整備事業(まちなかパーク整備)との連携

整備計画図

この事例を実現した事業手法について

その他の事業の紹介

UR都市機構が取り組む都市再生事例をご紹介します。

プロジェクトのあゆみ

  • 平成11年(1999年)
    • 3月 「鹿屋市中心市街地活性化基本計画」の認定
  • 平成13年(2001年)
    • 3月 都市計画決定(市街地再開発事業)
      5月 鹿児島県・鹿屋市から地域公団(現・UR都市機構)へ事業実施要請
  • 平成16年(2004年)
    • 1月 特定事業参加者協定書の締結
      6月 事業計画認可
  • 平成16年(2004年)
    • 3月 都市計画決定(地区整備計画)
      6月 施行認可
      12月 権利変換計画認可
  • 平成17年(2005年)
    • 7月 権利変換計画認可
      10月 特定建築者決定
      11月 施設建築物 着工
  • 平成19年(2007年)
    • 3月 施設建築物 竣工

この事例を実現した事業手法について

その他の事業の紹介

UR都市機構が取り組む都市再生事例をご紹介します。

メニューを閉じる

ページの先頭へ