UR都市機構

霞が関三丁目南地区

霞が関三丁目南地区

官民の知恵を結集、PFI&再開発で開かれたまち

Project Data

  • 所在地 東京都千代田区
  • 区域面積 約3.1ha
  • 事業手法 市街地再開発事業

プロジェクト概要

「官民が融合した個性あるまちづくり」をテーマに、官民協働のもとで実現した画期的なプロジェクトであり、国が実施するPFI事業「中央合同庁舎第7号館整備等事業」と、UR都市機構が施行する「霞が関三丁目南地区第一種市街地再開発事業」が一体的に進められたプロジェクトです。UR都市機構は市街地再開発事業の施行者として、プロジェクト全体のコーディネート等の重要な役割を果たしました。

UR都市機構の役割

プロジェクト全体のコーディネート
  • 意向が異なる官民の権利者の意向把握と権利調整

従前の地区全景

都市再生事業の推進

  • 市街地再開発事業の実施により、中央官庁で初めての大規模な官民共同施設の実現に貢献
  • 街区全体の一体的な開発を実現するため、隣接地区との協議・調整を実施

霞が関三丁目南地区

この事例を実現した事業手法について

その他の事業の紹介

UR都市機構が取り組む都市再生事例をご紹介します。

プロジェクトのあゆみ

  • 平成13年(2001年)
    • 6月 都市再生プロジェクト第一次決定 8月 「霞が関三丁目南地区まちづくり協議会」発足
  • 平成14年(2002年)
    • 2月 まちづくり協議会から協力要請
      6月 地権者から市街地再開発事業の施行予定者として参画要請
         「中央合同庁舎第7号館整備等事業」(PFI事業)の実施方針の策定
  • 平成15年(2003年)
    • 1月 都市計画決定(再開発地区計画方針)
      4月 PFI事業者の選定
  • 平成16年(2004年)
    • 3月 都市計画決定(地区整備計画)
      6月 施行認可
      12月 権利変換計画認可
  • 平成17年(2005年)
    • 1月 工事着工
  • 平成20年(2008年)
    • 9月 工事完了
  • 平成21年(2009年)
    • 3月 事業完了

この事例を実現した事業手法について

その他の事業の紹介

UR都市機構が取り組む都市再生事例をご紹介します。

メニューを閉じる

ページの先頭へ