街に、ルネッサンス UR都市機構

アーバンライフ亀戸集会所でご近所ミニデイ「ゆらり」の活動を再開しました

2020年07月14日

6月30日(火)、アーバンライフ亀戸(東京都江東区)の集会所で、ご近所ミニデイ※「ゆらり」の活動が約4カ月ぶりに再開し、団地や近隣にお住まいの方10人が参加しました。
この活動は、江東区とURが取り交わした「団地集会所における介護予防・日常生活支援総合事業の実施にかかる覚書」に基づき平成30年に始まったものです。
新型コロナウイルス感染防止対策のため、入口での検温・消毒や、席の配置などを工夫してソーシャルディスタンスを確保。ラジオ体操で体を動かした後、参加者とスタッフ全員で昼食をいただきました。
いつもは、脳トレーニングや手遊びなどをしていますが、久々の活動のため、ここ数カ月の過ごし方などについて、主におしゃべりをして楽しい時間を過ごしました。
「近隣にお住まいの方とも交流でき、とてもよい機会です」という感想もいただきました。

  • 「ご近所ミニデイ」
    デイサービスを利用するほどではないけれど、健康面で不安のある方や、日中お一人で過ごされる方々の交流の場で、主に地域の方が担い手となって運営する介護予防・生活支援サービス事業

集会所入口のドアがオープンし、ゆらりの旗が立てられている写真4カ月ぶりに「ゆらり」の旗がアーバンライフ亀戸集会所の入口に立ちました!

参加者全員でラジオ体操をしている写真久々のラジオ体操で思いっきり体を動かしました!

一人一つずつ、手作りのゴミ入れや、足元にカバンを置くかごが用意されました

参加者全員で昼食のお弁当を食べている写真待ちに待った昼食タイム!今日はアジのフライでした

メニューを閉じる

ページの先頭へ