街に、ルネッサンス UR都市機構

土木学会デザイン賞2019「最優秀賞」に女川駅シンボル空間/女川町震災復興支援事業、「奨励賞」に竜閑さくら橋が選ばれました

2020年02月18日

1月25日(土)、公益社団法人土木学会景観デザイン委員会が主催する土木学会デザイン賞の授賞式が都内で行われ、2019年度「最優秀賞」に「女川駅前シンボル空間/女川町震災復興事業」(宮城県女川町)が選ばれました。
URは、女川町から委託を受け、土地区画整理事業をはじめ基盤整備などの震災復興支援事業を行ってきました。
女川町は、「海を眺めてくらすまち」をコンセプトに、安全な高台に住宅地を整備し、海に近い女川駅前レンガみち周辺には公共施設や商業・業務・観光施設などを集めてコンパクトな市街地を形成しており、これらの公民連携のまちづくりとランドスケープデザインが評価されました。
また、「奨励賞」にはURが大手町プレイスと同時に整備(大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業)した「竜閑(りゅうかん)さくら橋」(東京都千代田区/中央区)が選ばれました。

女川町
海へのプロムナード「レンガみち」を主軸に手前両側がテナント型商店「シーパルピア女川」、まちかど広場の左奥が観光物産施設「地元市場ハマテラス」、右が「女川町まちなか交流館」で、背後に自立再建店舗が展開

女川町
手前が駅前広場であり、レンガみちが海へと延伸し、シンボル空間の主軸となっている。

女川町
表彰状授与式の様子。 須田善明女川町長(中央)と受賞関係者(左側)

女川町
受賞した方々

竜閑さくら橋
大手町プレイスからの眺め。神田・日本橋側から日本橋川、首都高などを越え、大手町プレイスに接続する。竜閑さくら橋の横にはJRの高架橋が並ぶ

竜閑さくら橋
表彰状授与式の様子。URの永井(左)と中井選考委員長(右)

竜閑さくら橋
受賞した方々

メニューを閉じる

ページの先頭へ