UR都市機構

「2019年度都市景観大賞」優秀賞を2事業で受賞

2019年06月10日

5月27日(月)、URの2つの事業が「2019年度都市景観大賞」の都市空間部門優秀賞と景観まちづくり活動・教育部門優秀賞を受賞しました。
都市景観大賞(「都市景観の日」実行委員会主催)は、良好な景観形成の普及啓発活動の一環として、平成3年から毎年度実施されています。

都市空間部門優秀賞

江古田三丁目地区(江古田の杜プロジェクト)

江古田三丁目地区(東京都中野区)では、URが積水ハウスや総合東京病院と協働し、「多世代により育まれる持続可能な地域をつくる」というコンセプトでまちづくりを行いました。
URが策定した「まちづくりガイドライン」により、北側に位置する江古田の森公園と連続した地区全体に緑あふれる統一的なまちなみを実現している点、エリアマネジメント組織によってコミュニティー活性化のためのさまざまな取り組みが進められている点などが高く評価されました。

江古田の森公園を中心とした江古田三丁目地区の空撮写真当地区は、中野区北端、練馬区との区境に位置し、江古田の森公園に隣接している。リング状の緑地帯が形成されている

多彩な木々が植えられている分譲住宅の敷地西側の遊歩道の写真分譲住宅の敷地西側の遊歩道。この地で育った既存樹や、多彩な緑を植栽

地区南側からの避難路としての役割も持つ、プロムナードの写真プロムナード。地区南側からの避難路としての役割も持つ。右側歩道(区道)と左側歩道状空地で舗装ロなど設えを統一

まちびらきイベントで子どもたちが楽しそうに歌っている写真地元NPOの子どもたちを中心に、多世代の方の交流イベントとなったまちびらきイベント

景観まちづくり活動・教育部門優秀賞

プレーパークこうりがおか(地域、UR、行政の連携による斜面林活用)

香里団地E地区(大阪府枚方市)の緑地では、NPO団体、枚方市、URなどが整備し、子どもたちの冒険心や自主性、社会性を育むプレーパーク(冒険遊び場)活動を行いながら、緑地の環境保全や野外教育の担い手となれる人材育成も実施してきました。
これまで利用されてこなかった緑地を活用し、さまざまな団体が連携して実行委員会組織を結成することで、里山の保全とプレーパークを両立させた点が、新しいプログラムとして高く評価されました。
(同緑地はURから枚方市へ今年3月に移管しました)

大人と子どもが一緒にノコギリで竹を切っている写真大人から子どもへ、ノコギリの使い方を学ぶ

緑地の高木を利用してハンモックを楽しんできる子どもたちの写真緑地の高木を利用してハンモックを楽しむ

緑地で遊ぶ子どもたちの遠景写真緑地の遠景

緑地内でツリーイングを体験している子どもたちの写真ツリーイングを緑地内で体験する子どもたち

メニューを閉じる

ページの先頭へ