復興支援だより 宮城・福島震災復興支援本部から

東日本大震災の復興支援について現地の姿をお伝えします。

2017年08月

2017/8/26

野蒜北部丘陵地区災害公営住宅(市営野蒜ケ丘住宅)最後の鍵引渡し式が完了しました。

8月26日(土)、東松島市からURが建設要請を受けた野蒜北部丘陵地区災害公営住宅(市営野蒜ケ丘住宅)第Ⅱ期の鍵引渡し式が開催されました。
当住宅は敷地面積約3.3haに、170戸(戸建住宅131戸、低層集合住宅39戸:木造1階建、2階建、軽量鉄骨造1階建)を整備したものです。

<災害公営住宅エリアマップ>

式典で、東松島市の渥美巖市長は、「災害公営住宅の当初計画として1,001戸の最後の引渡しとなった。野蒜ケ丘地区としても6月に82戸、今回の88戸の合計170戸の災害公営住宅、すでに完成した宅地278戸と併せて448戸の団地が完成し、ハード事業は順調に進んでいる。これからは地域のコミュニティーづくりが大事になるので、コミュニティーの輪をしっかりと築き、皆さまと一緒に新しいまちづくりをしていきたい」とあいさつされました。

UR宮城・福島震災復興支援本部の佐分英治本部長は、「URとしての東松島市における復興支援事業が本日の引渡しをもって完了することとなった。支援をさせていただいたことはURにとっても大変光栄なこと。少しでもお役に立てたとすれば本当にうれしい」と述べました。

<左からUR佐分本部長、渥美東松島市長>

入居者を代表して鍵の引渡しを受けた阿部治美さんは「一日千秋の思いで待った。本当にうれしい。移転者みんなで笑顔で暮らしたい。」とあいさつされました。

<鍵引渡し式の様子>

当住宅は、昨年11月に宅地引渡しが完了した野蒜北部丘陵地区に建設されており、公営住宅としての基本性能はもちろん、アースカラーの外壁と黒色系の勾配屋根を採用し、特別名勝松島の景観に配慮、また、ご近所との気軽な交流広場として、各住戸に濡縁を設置、低層集合住宅には歩行者同線の結束点にサークルベンチと植栽を配し、一休みできる空間を提供するなど、お住まいになる皆さまのコミュニティー形成にもつながるよう計画しています。

<各住戸に配置された濡縁とサークルベンチ>

<今回完成した中央エリア>

<6月に完成した西部エリア>

式典が開催された野蒜ケ丘中央集会所は、子どもなどが遊べる水遊び場やステージとしても使える築山を整備した公園(水の公園)に面しています。計画当初、集会所は別の場所に建設する予定でしたが、地元の皆さまからの要望もあり、集会所と公園を一体的に整備し、コミュニティーづくりの場として年齢に関係なく誰もが使ってもらいやすい工夫がされています。

<公園に面した野蒜ケ丘中央集会所>

当住宅が建設された市内最大規模(91.5ha)の野蒜北部丘陵地区は、昨年11月にすべての宅地の引渡しが完了、市民活動と観光の発信拠点として市民センターや観光物産交流センターが開所し、住宅の建設が進んでいます。
今年1月に宮野森小学校が地区内で開校、6月には商業施設もオープンし、今後は消防署・派出所や医療施設などの開設が予定されており、新しいまちづくりがさらに進んでいます。

<野蒜北部丘陵地区の様子(平成29年6月撮影):南から北へ撮影>

翌日には、震災後初となる7年ぶりに松島基地航空祭が開催され、大勢の人でにぎわいました。

<アクロバット飛行を披露するブルーインパルス>

URは引き続き、東松島市の一日も早い復興に全力で取り組んでまいります。