復興支援だより 宮城・福島震災復興支援本部から

東日本大震災の復興支援について現地の姿をお伝えします。

2016年05月

2016/05/28

南三陸町志津川地区東団地で「さくらの森植樹祭」と町営志津川東復興住宅の「入居者内覧会」がありました。

5月28日(土)、南三陸町志津川地区東団地で「さくらの森植樹祭」を開催しました。

<植樹の様子>

<植樹の様子>

植樹イベントは、復興市街地整備事業を進める当地区内に植樹を行うことで 新しい町の風景づくりの一助としようと、南三陸町とUR、工事関係者らが共同で実施し、町民の皆さまや関係者に参加いただきました。

植樹を行う場所は緑地(公園)整備第1号となる調整池の敷地内で、 20本のさくらの苗木を計41人の参加者により、丁寧に植えていきました。

<色づけされている場所が志津川地区東団地。右下ピンク色部分が植樹祭会場>

<色づけされている場所が志津川地区東団地。右下ピンク色部分が植樹祭会場>

イベントで、南三陸町の小原田復興市街地整備課長は、 「植樹する場所は調整池の管理地内なので、立ち入りは難しいかもしれないが、今年度に整備完了予定の隣接する街区公園や沿道から楽しんでいただければと思う。 また、桜の木の成長と共に南三陸町の発展を末永く見守っていただければうれしい」と挨拶されました。 続いてUR南三陸復興支援事務所の南木(みなみぎ)所長は、 「日頃より事業にご協力いただき感謝申し上げる。志津川の新しいまちづくりを進めるにあたり、 今日は皆さまと一緒に一つの風景がつくれるのではないかということで企画させていただいた」と挨拶しました。

<あいさつする小原田課長(左)とUR南木所長(右)>

<あいさつする小原田課長(左)とUR南木所長(右)>

<植樹の様子。参加者一人ひとり思いを込めて丁寧に作業されていました>

<植樹の様子。参加者一人ひとり思いを込めて丁寧に作業されていました>

苗木の植樹後に、花植えと樹銘板の作成を行いました。 花植えが終わったプランターは南三陸復興まちづくり情報センターや役場庁舎にかざられ、 作成した樹名板は今後整備される高台団地の公園内の植栽に取り付けられる予定です。

<計60株を20個のプランターに花植えしました>

<計60株を20個のプランターに花植えしました>

<キレイに仕上がった参加者オリジナルの樹名板が沢山作られました>

<キレイに仕上がった参加者オリジナルの樹名板が沢山作られました>

当域では南三陸病院や総合ケアセンターが昨年度開業した他、 防災集団移転事業で整備された宅地の一部引渡しが行われており、戸建住宅の建設が進んでいます。 今後も、災害公営住宅の一部完成が来月6月に控えるなど、着々と整備が進んでいます。

今回の参加者で一緒に植えた桜も、一つの復興のシンボルとなり、 町民のみなさまに愛でられる、そんな存在になることを願っています。

<植樹を終えた後の様子。背景は南三陸病院(中央左)と6月竣工予定の災害公営住宅(中央右)>

<植樹を終えた後の様子。背景は南三陸病院(中央左)と6月竣工予定の災害公営住宅(中央右)>

「さくらの森植樹祭」が行われた当域地内では、6月に竣工予定の町営志津川東復興住宅 (集合住宅82戸、戸建て住宅14戸)の入居予定者向けの内覧会が開かれました。

<入居内覧会の様子>

<入居内覧会の様子>

2K、2DK、3DK、そして車椅子利用者向け住宅の2K、2DK、3DKの住戸に計61世帯の入居予定者が住戸の内覧に来られました。

参加者からは「収納が想像以上に広くてうれしい。 また、廊下も広いので快適に生活できそう」「お風呂が広くてゆっくりできそう。入居が待ち遠しい」 などの新居への期待が感じられるお話しを聞くことができました。

<住戸内の様子。UR職員も各種設備の説明等を対応させていただきました>

<住戸内の様子。UR職員も各種設備の説明等を対応させていただきました>

7月の入居開始までもうすぐです。

<URが整備した集合住宅と集会所>

<URが整備した集合住宅と集会所>

<木造協議会が整備した戸建て住宅>

<木造協議会が整備した戸建て住宅>

2016/05/25

いわき市内に復興公営住宅宮沢団地が完成

5月25日(水)、福島県から要請を受けていわき市内に整備を進めてきた復興公営住宅宮沢団地(内郷宮町地区)が完成し、入居説明会と入居者への鍵渡し式が行われました。
当団地は原子力災害による避難者向けの県営復興公営住宅で、URが福島県から要請を受けて整備を進めている復興公営住宅としては完成第1号です。

地図使用承認©昭文社第56G107号

地図使用承認©昭文社第56G107号

<昨年4月の着工時>

<昨年4月の着工時>

<完成した宮沢団地>

<完成した宮沢団地>

この団地は鉄筋コンクリート造(PC造)4階建て2棟で、計72戸の住宅と集会所1棟で構成されており、間取りは2LDKと3LDKで、1階は高齢の方や車いすの方が住みやすいようにバリアフリー仕様としています。

<宮沢団地の集会所>

<宮沢団地の集会所>

<集会所内。ちょっとした調理ができるキッチンがあり、木のぬくもりも感じられます>

<集会所内。ちょっとした調理ができるキッチンがあり、木のぬくもりも感じられます>

<宮沢団地住戸>

<宮沢団地住戸>

<宮沢団地住戸。対面のカウンターキッチンもあります>

<宮沢団地住戸。対面のカウンターキッチンもあります>

この日は入居に先立って午前中に入居説明会が行われ、80名近くの方が参加されました。URからも住戸内の設備について説明をしました。

<初めて集合住宅で生活するという人もいるため、説明は丁寧に行いました。(住戸内設備について説明するUR職員)>

<初めて集合住宅で生活するという人もいるため、説明は丁寧に行いました。(住戸内設備について説明するUR職員)>

午後からは団地敷地内において鍵の引渡し式が行われ、2棟それぞれの入居者代表の方に福島県いわき建設事務所の安田博道所長から鍵が手渡されました。

<入居者代表の方と福島県安田所長(中央)>

<入居者代表の方と福島県安田所長(中央)>

この日から入居される方に鍵が渡され、早速部屋を確認されたり、荷物を運び入れたりする方もいらっしゃいました。

<郵便受けの使用方法を確認する入居者の方々>

<郵便受けの使用方法を確認する入居者の方々>

宮沢団地で新たな生活・コミュニティーを築いていってほしいですね。