復興支援だより 宮城・福島震災復興支援本部から

東日本大震災の復興支援について現地の姿をお伝えします。

2015年09月

2015/09/27

いわき市豊間(とよま)・薄磯(うすいそ)地区で住民向け現場見学会の開催

9月27日(日)、URが復興支援を進めるいわき市の豊間地区・薄磯地区で住民向け現場見学会が開催されました。

写真:豊間の海岸の様子。震災前は東北の湘南として海水浴客で賑わう地域でした

<豊間の海岸の様子。震災前は東北の湘南として海水浴客で賑わう地域でした>

両地区は、平成25年12月に着工し、平成28年3月からの宅地引渡し開始に向けて、鋭意、工事を進めているところです。

図:豊間地区完成予想図

<豊間地区完成予想図>

図:薄磯地区完成予想図

<薄磯地区完成予想図>

この現場見学会は、地域住民の方や事業完了後に地区内に戻って来られる方に対して、普段立ち入ることのできない工事現場の様子をご覧いただき、復興が着実に進んでいることを感じてもらおうと、URと豊間・薄磯震災復興JVにより企画され、今年3月の見学会に続き今回で2回目の開催となります。

写真:薄磯・豊間の両地区あわせて、約60名の方々が参加されました

<薄磯・豊間の両地区あわせて、約60名の方々が参加されました>

写真:薄磯地区の様子。福島県が施行する防潮堤工事も進んでいます

<薄磯地区の様子。福島県が施行する防潮堤工事も進んでいます>

写真:豊間地区の様子。地元の方によると震災による地盤沈下の影響で砂浜がだいぶ狭くなったそうです

<豊間地区の様子。地元の方によると震災による地盤沈下の影響で砂浜がだいぶ狭くなったそうです>

写真:JVの担当者から工事の概要説明を熱心に聞かれる参加者のみなさん

<JVの担当者から工事の概要説明を熱心に聞かれる参加者のみなさん>

写真:盛土の上に整備される防災緑地から豊間の海岸を眺める参加者のみなさん

<盛土の上に整備される防災緑地から豊間の海岸を眺める参加者のみなさん>

写真:当日は現場で活躍する重機の試乗コーナーも設けました

<当日は現場で活躍する重機の試乗コーナーも設けました>

参加者の方々からは工事の進捗状況や宅地の整備方法に関する質問があり、整備完了後の新たな生活への期待の強さを感じました。また、実際に現地を訪れることで、完成後の宅地のイメージを把握できてよかったとのご意見もありました。

その他、現場で震災復興に取組む職員や作業員の健康を気遣うお言葉も頂戴しました。

URは、被災された皆様からの期待を励みに、今後もいわき市の復興に向け尽力いたします。



2015/09/20

おながわ秋刀魚収穫祭2015

9月20日(日)、女川町で“おながわ秋刀魚収穫祭2015”が開催されました。今年の会場は、震災後初めて、5年ぶりに女川魚市場東荷さばき場での開催となりました。

写真:会場には多くの屋台が出店し、来場者で賑わっていました

<会場には多くの屋台が出店し、来場者で賑わっていました>

秋刀魚は女川港で水揚げされる代表的な魚で、「女川と言えば秋刀魚!」とのイメージが浸透するほどです。
秋刀魚が不漁と言われている今秋ですが、この秋刀魚収穫祭のタイミングに合わせて女川港には多くの秋刀魚が水揚げされ、当日は5000尾もの秋刀魚炭火焼と4000食もの秋刀魚汁が無料で来場者に提供されました。

写真:多くの来場者が秋刀魚炭火焼を求めて会場に集まりました

<多くの来場者が秋刀魚炭火焼を求めて会場に集まりました>

写真:次々と焼かれる秋刀魚。香ばしい香りが会場に広がります

<次々と焼かれる秋刀魚。香ばしい香りが会場に広がります>

写真:秋刀魚炭火焼。脂ものって非常に美味でした

<秋刀魚炭火焼。脂ものって非常に美味でした>

その他、会場では秋刀魚の格安販売が実施されたり、ステージでは地元小学生の演奏やアイドルのコンサートなど様々な催しが開催されたりと多くの来場者で賑わいました。

写真:迫力のある太鼓の演奏

<迫力のある太鼓の演奏>

写真:ステージのトリは出演者や来場者入り混じってのサンマDEサンバ

<ステージのトリは出演者や来場者入り混じってのサンマDEサンバ>

URは、女川町の復興の進捗状況を多くの方々に知ってもらうべくブースを出展し、来場者の方々へ女川町の復興について紹介しました。

写真:町のジオラマを見ながら熱心に質問される来場者

<町のジオラマを見ながら熱心に質問される来場者>

写真:多くの方々に女川の復興状況を紹介する良い機会となりました

<多くの方々に女川の復興状況を紹介する良い機会となりました>

今年の3月にはJR女川駅の営業が再開し、12月には駅前のプロムナードが開業予定など着実に復興への道を歩んでいる女川町です。

URは今後も女川町の復興に向けて取組んで参ります。