復興支援だより 岩手震災復興支援本部から

東日本大震災の復興支援について現地の姿をお伝えします。

2014年4月

2014/04/20

大船渡市上山(うわやま)地区と平林(たいらばやし)地区で災害公営住宅の内覧会を開催

4月20日(日)、岩手県大船渡市の上山地区と平林地区の災害公営住宅で、入居予定者向けに内覧会が開催されました。
上山地区は、JR大船渡線「大船渡」駅から山側へ10分程度歩いた高台の住宅地の一画にあります。ここに、災害公営住宅として、鉄筋コンクリート造3階建て、11戸の住宅と集会所を建設しました。

写真:上山地区災害公営住宅(市営住宅上山東アパート)

<上山地区災害公営住宅(市営住宅上山東アパート)>


間取りの内訳は、1DKが3戸(うち1戸は車いす対応住戸)と2DKが8戸(うち1戸は車いす対応住戸)となっています。

写真:上山地区災害公営住宅2DK住戸内

<2DK住戸内>


2DKの住宅には和室もあります。(車いす対応住宅にはありません。)

写真:上山地区災害公営住宅2DK住戸内和室

<2DK住戸の和室>


車いす対応住戸では、キッチンや洗面台の仕様を変えています。

写真:上山地区災害公営住宅2DK住戸内車いす対応キッチン

<車いす対応住戸のキッチン>

写真:内覧会の様子。UR職員の説明

<内覧会の様子。入居予定の方に設備の使用方法をUR職員が説明しました>


内覧会に参加された方は、「図面だとわからなくて不安だったけど、実際に見ることができて安心した」、「やっとできたという感じ。仮設住宅は寒かった。待っていたので入居が楽しみ」などとおっしゃっていました。これからの生活に備え、部屋の寸法を測って行かれる方もいらっしゃいました。
同時に内覧会が行われた平林地区は、大船渡市の中心部から車で20分ほどの末崎(まっさき)町にあります。
この地区でも、災害公営住宅として、鉄筋コンクリート造3階建て、11戸の住宅と集会所を建設しました。

写真:平林地区災害公営住宅(市営住宅平林団地5号棟)

<平林地区災害公営住宅(市営住宅平団地5号棟)>


写真:エントランスベンチ

<エントランスを入ってすぐの所には、住民同士が話できるように縁側ベンチを設けました>


写真:3階の住宅から見た風景

<3階の住宅から見た風景。のどかな景色の中、桜が満開に>


写真:平林地区災害公営住宅(市営住宅平団地5号棟)3DK

<3DKの部屋>


今回内覧会を行った上山地区と平林地区は、来月以降完成する宇津野沢地区(20戸)や赤沢地区(23戸)とともに、設計や仕様を共通化することで早期の建設を実現しました。



2014/04/01

山田町織笠地区で土砂を搬送するためのベルトコンベヤーが稼働

4月1日(火)、岩手県山田町織笠地区で、ベルトコンベヤーが稼働し、始動式典が行われました。
このベルトコンベヤーは、造成中の高台住宅団地から土砂を搬送するために設置しました。

写真:設置されたベルトコンベヤー

<設置されたベルトコンベヤー>

このベルトコンベヤーは延長約150m、幅0.9m、高さ約20mで、1日に2,500m3(10tダンプカー500台分)の土砂を運ぶことができます。
道路が狭く、ダンプカーで土砂を運ぶのが困難なため、ベルトコンベヤーを設置しました。これにより、土砂を安全に、かつ、スピーディーに搬送できます。
また、近隣小学校や住民に配慮して、騒音などの影響が少ない筒状にしています。

式典では、山田町や施工者である山田町CMJVなどの関係者約30名が参加し、安全を祈願する神事を執り行った後、山田町や施工者などの関係者でテープカットと始動スイッチのボタンを押しました。

写真:始動スイッチの入力

<始動スイッチ入力>

土砂が勢いよく運ばれてきました。

写真:ベルトコンベヤーで土砂を運ぶ

こうして運ばれてきた土砂を7~8m程度盛って市街地を再生させていきます。
近隣にお住まいの方もこの様子をご覧になっており、「早く住宅が建てられるようなってほしい」と期待されていました。