Menu

URくらしのカレッジ

URくらしのカレッジ ひと学部

URくらしのカレッジ ひと学部とは?地域やまちを元気にする「人のつながり」は、どうやって生まれて、どのように育っていくんだろう?住人の笑顔があふれるカフェ、地域も一緒に楽しむイベントなど、UR賃貸住宅の“ミクストコミュニティ”※への取り組みから、これからの「コミュニティ」づくりを学んでいくのであーる。

ひと学部POINT1

子育ても地域で協力!ママに優しいコミュニティ

ママ同士が情報交換できるイベントやコミュニティスペースが、URにはたくさんあります。
また、子どもの習い事への送迎やその後の託児などを協力して行う“子育てシェア”に取り組む団地もあり、安心して子育てができるんです。

ひと学部POINT2

住人のアイデアから生まれたイベントがたくさん!

夏祭りや、団地の畑で収穫祭など、URでは四季折々のイベントが開催され、住人みんなが世代を問わない交流を楽しんでいます。また、フリーマーケットなども開催されていて、団地内のコミュニティを超えた幅広い交流が生まれているんです。

ひと学部POINT3

自治体や大学とコラボしたコミュニティ活動があります。

URでは、自治体や大学とコラボしたコミュニティ活動も多く行われています。
住人のためのカフェを学生が運営していたり、音大の学生がステキな音楽を演奏してくれたりと、その活動は様々。新しいミクストコミュニティの形が日々作られているんです。

だから……URには、あたたかい人のつながりがあるのであーる。

人同士のつながりって助け合うだけじゃなく、時には世代を超えて笑いあって、生活を豊かにしてくれるものなんだね。子どもから高齢者までが生き生きと繋がりながら暮らせるまちづくりについて、もっと色々な取り組みを見てみよう!

ひと学部の記事一覧を見る