Menu

URくらしのカレッジ

住みたいへやの選び方

賃貸と持ち家のどちらにすべき?メリット・デメリットを比較

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

自分の資産にはなりませんが、家賃を払うことで、フレキシブルに住み替えができる賃貸住宅。一方、購入することで自分の資産となる持ち家。議論が尽きないこのテーマ、結局どちらを選ぶかは、人それぞれと言えるのかもしれません。とはいえ、賃貸と持ち家は、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。自身にとってベストな選択は何なのかを改めて考え、自分らしい暮らしができる住まいを見つけてください。

賃貸と持ち家のどちらが人気?

賃貸住宅と持ち家、一体どの程度の人気に分かれるのでしょうか。具体的な数字も踏まえ比べてみましょう。

●持ち家比率の推移

総務省が発表した「平成30年住宅・土地統計調査 住宅及び世帯に関する基本集計」によると、居住世帯のある住宅を所有の関係別に見てみると、2018年の持ち家率が61.2%となっており、5年前の2013年に比べ、0.5ポイント低下しています。その一方、賃貸住宅は35.6%で、0.1ポイント上昇しています。

近年においては、持ち家の比率はやや減少傾向、賃貸住宅の比率はほんの少し上昇傾向といったところでしょう。確かに以前に比べると、当然のように住まいを購入するという流れに、変化が起きているようにも思います。賃貸と持ち家、それぞれのメリットやデメリットを見ていきましょう。

※(出典)「平成30年住宅・土地統計調査 住宅及び世帯に関する基本集計 結果の概要」より

賃貸のメリット・デメリット

それではまずは、賃貸住宅のメリット・デメリットについてです。

●メリット

転勤や家族が増えたなど、ライフステージに合わせて柔軟に生活拠点を変えられるのが、賃貸住宅の良い点です。
例えば、子どもが生まれ成長して家が手狭になれば、引っ越し費用などはかかるものの、そのときの家族構成に合わせて、住み替えるなどの選択をとれます。
また、エアコンや給湯器などの住宅設備や、建物の外観などのメンテナンスも、過失がない場合の修理代金は、基本的に大家さんが負担してくれるため、これらの節約や、修理を依頼する手間を省くこともできます。

さらに、持ち家でかかる固定資産税も不要です。
中でも最大のメリットは、住宅購入でローンを組んだ場合の、長期間支払いを続けるプレッシャーがないことでしょう。
もちろん、賃貸住宅でも家賃は発生しますが、万が一収入が減った場合などは、今より家賃が安い物件に引っ越すなどの対応もとれます。

●デメリット

賃貸住宅は一般的に、単身者や少人数世帯向けの物件が多く、特に都市部などでは、ファミリー向けに対応した広さの物件を探しにくいと言われています。
メリットで触れたように、金銭面では、住宅ローンに縛られることはありませんが、住んでいる間はずっと家賃が発生します。これはあくまでもその賃貸住宅を借りるのにかかる費用なので、払い続けても、その家が資産になるわけではありません。

また、基本的に賃貸の場合、自ら部屋の改修や設備の変更など、自分の好みに合わせて大規模なリフォームはできません(ただし一部には、ある程度好みに合わせてアレンジできる物件もあります)。

さらに、高齢で引っ越す場合には、物件を契約できない可能性があります。高齢になって年金以外の収入がなくなった場合、借りられる物件が限られてくるということは少なくないのです。

持ち家のメリット・デメリット

マイホームを構えることで生活拠点が定まり、その地域に根をおろした暮らしになります。しかし、住宅購入となるとそれなりの金額が必要になり、持ち家に対する管理や修繕も自己責任になります。

●メリット

月々の返済が進み、住宅ローンを完済した後の住宅費については、固定資産税や修繕費用などに限られるため、それ以降の支出は大幅に楽になります。自身の資産となり、ゆくゆくは家族に相続したり、売却することも可能になります。
ただし、建物や設備の修繕費用は経年劣化に比例して、必要になる可能性があることも念頭においておきましょう。

また、家族の人数や生活スタイルの変化に合わせて、自分の思う通りに比較的自由にリフォームができるのも魅力の一つです(ただ、分譲マンションの場合は、管理規約でリフォーム範囲を制限されていることもあります)。
一戸建てのケースなら、リフォームどころか、同じ土地に新たに住まいを建て替えることもできるでしょう。

さらに、先ほど賃貸住宅のメリットとして、長期にわたる住宅ローンを払うプレッシャーがないとお伝えしましたが、例えば、住宅ローン控除を利用することで一定期間税金を減らせるなどのバックアップがあるのは、家を買う際のメリットでしょう。

●デメリット

1度マイホームを購入したら、家族の暮らしに変化が生じても、賃貸住宅のように気軽に引っ越しをして、生活拠点を変えることが難しくなります。
特に転勤などで勤務地が変わり、転居が必要になる場合は単身赴任をするか、売却、貸し出しを検討することになるケースもあります。そしてそれには費用や時間、その上手間もかかります。

また、購入時に頭金としてまとまった資金が必要になることも忘れてはなりません。安易に頭金を少なくすると、月々の返済額が多くなったり、返済期間も長くなったりする可能性があるので、注意が必要です。
さらに、万が一収入が下がった場合などは、月々のローン返済が負担になり、マイホームを手放すことになるかもしれません。ちなみに、住宅費補助がある会社に勤めている場合でも、持ち家は対象外のケースが多いので、あらかじめチェックしてください。

加えて、持ち家は自分の所有物なので、エアコンや給湯器などの住宅設備、建物の外観などのメンテナンス費用も自己負担になります。地震や火災による家屋の損壊となれば、その費用はさらに大きくなるでしょう。

安心して長く住めるUR賃貸住宅

ここからは、安心して長く住めるUR賃貸住宅について紹介します。賃貸住宅でありながらDIYができたり、家計にやさしい制度があったりと、魅力が満載です。

●家計にやさしい4つの「ナシ」
  1. <1>礼金ナシ
    通常必要となる家賃1カ月分が不要なので、引っ越しの初期費用を抑えられます。
  2. <2>仲介手数料ナシ
    さらに初期費用が抑えられるので、新たな生活用品をそろえられます。
  3. <3>更新料ナシ
    自動更新だから面倒な手続きも不要。長く住み続けることで、さらにお得感がアップします。
  4. <4>保証人ナシ
    「保証人を依頼する」という、気苦労がありません。保証会社も必要ないので保証金もかかりません。

UR賃貸住宅の4つの特長の詳細はこちら

●家計にやさしいお得な家賃プラン
条件に該当すれば、家賃がお得になるプランがそろっています。
子育て割
最大9年間、家賃の20%(上限2万5000円)をサポート。結婚5年以内の新婚世帯、もしくは、18歳未満の子どもがいる世帯で、所得合計が月25.9万円以下の世帯が対象です。
そのママ割
3年間限定、お得な家賃で借りられる。妊娠中を含め、現に同居する満18歳未満の子ども(孫、甥、姪なども可)を扶養している世帯を対象に、通常より抑えた家賃で提供。3年間の定期借家契約で、契約期間満了の通知(期間満了の1年前から6カ月前までに実施)の際に、UR都市機構が再契約可能と判断する場合は、契約者に対して再契約の案内が行われます。
U35割
契約者が35歳以下限定で、3年間の定期借家契約となり、お得な家賃になります。条件を満たせば、学生・単身・夫婦・子育て世帯でも対象となります。更新の条件は、「そのママ割」と同じです。
近居割
募集家賃から5年間、5%減額。同じUR賃貸住宅内、もしくは半径2km以内の別々のUR賃貸住宅で、親世帯・子世帯の二世帯が近居する場合、新規に契約した世帯の家賃が減額されます。二世帯同時に契約した場合は、両世帯とも減額されます。
●家計にやさしく手間も少ない「住み替え制度」

住み替え制度でURからURの引っ越しの場合は、住宅の敷金を引き継げるため、初期費用の負担が減ります(原状回復費用を引いた残額が引き継がれます)。さらに、収入確認書類(収入証明書)の提出も免除されるなどのメリットもあります。

よくある質問はこちら

●年齢による入居者の制限がない
UR賃貸住宅は見守りや生活相談など、高齢者の暮らしを支援するサービスがあるので安心です。また一部の物件では、高齢者が暮らしやすいように配慮した「高齢者向け賃貸住宅」も用意されています。
●DIYできる物件もある
思いのまま自由にDIYができ、退去時の原状回復が不要な「DIY住宅」もあり、入居者のきめ細やかなニーズにも対応しています。
●頑丈でゆったりした建物だから安心
毎日の暮らしの中で気になるのが、その住まいの安全性です。その点を重視してUR賃貸住宅では、建設時の耐震基準を満たした建物(旧耐震基準のものも耐震診断を実施し補強)を提供しています。その実績は、これまでに起きた大震災時にも、大きな被害を受けていないという実例が示しています。

賃貸と持ち家、今のわが家に合うのは?

これまで説明してきた賃貸と持ち家のメリット、デメリットをふまえつつ、突き詰めていくと、自分にふさわしい住まい像が浮かび上がります。
住まいは暮らしの基本となるものです。家族構成や暮らしぶりに適した住まいとはどのようなものか。経済力も考慮することによって、賃貸か持ち家かの判断ができるのではないでしょうか。

UR賃貸住宅は、子育て家族、シニア世帯などにぴったりの物件を、お得な家賃プランと共に提供しています。また、賃貸住宅のデメリットとされる、リフォームの自由度の低さを払拭するDIY住宅など、いろいろな暮らしのニーズにも対応しています。
賃貸か持ち家かの判断の過程で、選択肢の一つとして、UR賃貸住宅を考えてみてはいかがでしょうか。

「UR-DIY」の詳細はこちら

監修/大久保 恭子

記事のまとめ

賃貸と持ち家、それぞれのメリット・デメリットを知り自分にふさわしい住まいを選ぼう

  • ・近年においては、持ち家の比率はやや減少傾向、賃貸住宅の比率は上昇傾向
  • ・暮らしの変化に合わせて、柔軟に生活拠点を変えられるのが賃貸住宅の良さ
  • ・ローンを払い終われば資産となり、リフォームなどができるのが持ち家の良さ
  • ・賃貸でありながらDIYができたり、家計にやさしいお得な制度があったりと、UR賃貸住宅は魅力がいっぱい
  • ・賃貸と持ち家のメリットを兼ね備えたUR賃貸住宅は、自分にふさわしい住まい探しができる

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事はこちら

URくらしのカレッジとは

URくらしのカレッジはUR賃貸住宅がお届けする、くらしのヒントがつまった情報サイト。

説明を見る