URくらしのカレッジ

ゆたかなくらしって? へや×DIY

ユージと一緒にお部屋をおしゃれにDIY 第4回【シンプルなキッチンを西海岸スタイルに!】

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

DIY好き&子育てパパであるタレントのユージさんが、みなさんから寄せられた「暮らしのお悩み」をDIYで解決する連載の第4回。今回は、最近自宅で料理をする機会が増えたけど、なんとなくやる気が出ない! というサワさんのお悩み。ユージさんからDIYの基本を教わりながら、毎日の料理が楽しくなるキッチンを作ります!

【Before】毎日の料理、もっとやる気が出るキッチンだったらなぁ…

おうち時間を楽しむようになって、料理をがんばりたい今日このごろ。でも、毎日のことだから、シンプルなキッチンに物足りなさを感じるようになってしまって、やる気がちょっと下降気味…。

ユージさん、何か良い方法ありますか?

真っ白もおしゃれだけど、色や素材感を少しプラスすると良さそうだね。う~ん、ブルーをアクセントにして、西海岸のカフェ風キッチンに変身させるのはどう? ディスプレイしながら収納できる棚も作っちゃおう!

今回使うものはこちら

【必要なもの】※写真左から
・1×6材(ワークトップ立ち上がり部分のカバー材)
・2×4材(棚柱用)2本
・1×4材(棚板用)2本
・壁紙シール(木目調)/壁紙DIYショップ
・はがせる壁紙(ネイビー)/はりかえ工房
・アイアンフック
・モザイクタイルシート(ビッツボーダー陶彩)/D.I.Yタイル
・ディアウォールS2組/若井産業
・棚受け(黒)2組/若井産業
・オイルステイン(ウォルナット)/ニッペホームプロダクツ

今回のDIYにかかった合計製作費用 約3万7000円(税別)
※材料のサイズ、費用は部屋の広さによって異なります。

Let’s スタート!

  • step1

    棚用の木材にオイルステインを塗ろう

    まずは、木材にオイルステインを塗ります! 使う木材は3種類で、1×4材が棚板用、2×4材が棚の柱用、1×6材はワークトップが立ち上がったところのカバーにするよ。

    はい、楽しみです!
    あの…、オイルステインって普通の塗料とは違うんですか?

    オイルステインは、木材に浸透して着色できるんです。水性塗料だと表面に膜をつくるから、木目を生かせないものが多いんだけど、オイルステインだと、きれいな木目が浮かび上がるんですよ!

    なるほど、味のある雰囲気に仕上がりそうですね!

    オイルステインは、まずスポンジで木材の表面にさっと伸ばしてから、ウエス(古布)で拭き取るようにこする。

    木材の切断面「木口」にも、しっかり塗っておこう。

    ユージのワンポイントアドバイス!

    屋内で使う物を作るDIYでは、オイルステインと水性塗料をよく使うから、違いを覚えておこう。今回使ったオイルステインは、浸透して着色するから、木目が生かせる塗料。水性塗料は、表面に塗膜をつくって、木材を守ってくれる塗料。木材を保護したいか、どんな雰囲気にしたいかなどを考えて選んでみよう!

  • step2

    シンク下のキャビネットとつり戸棚の扉に壁紙シートを貼ろう

    次は、シンク下のキャビネットとつり戸棚の扉に壁紙シートを貼るよ~。シンク下は木目調で、つり戸棚にはネイビーの壁紙を用意しました!

    すてき! 木の扉って憧れてたんです!

    貼ってはがせる壁紙シートだから、原状回復も簡単だよ。さっそく貼っていきましょう~!

    キッチンでの作業前に、壁紙シートを貼る扉と、後でタイルシートを貼るタイルの壁の表面を拭き掃除。

    まずは、シンク下キャビネットの扉から。はくり紙を少しずつはがして、スクレーパーで空気を追い出しながら貼る。余ったシートは、カッターで切り離す。

    少し空気が入っても大丈夫! 後で直せるから、まずは貼ってみよう!

    次は、サワさんがチャレンジ。右上からスタートして、スクレーパーで空気を追い出しながら貼る。

    とりあえず一面貼り終えたけど、追い出しきれなかった空気で、表面がポコポコしちゃいました…。

    大丈夫! カッターとスクレーパーを使って、これから平らにしましょう。

    空気が残ってしまった部分に、カッターで切れ目を入れる。

    切れ目から空気が出ていくように、スクレーパーで切れ目の両側からこする。

    貼り直しでしわが寄ってしまったときも、この方法で表面を平らにできるよ!

    入ってしまった空気を処理できたら、余ったシートをカッターで切り落とす。扉の端に沿って切って、スクレーパーで角をこすって仕上げる。

    つり戸棚の扉に、ネイビーの壁紙シートを貼る。「この壁紙シートは、シンク下キャビネットに貼ったものとは質感が違うから、空気を追い出すのは、スクレーパーよりタオルが向いてるね!」とユージさん。

    ユージのワンポイントアドバイス!

    今回は貼ってはがせる壁紙を2種類使ったんだけど、質感が違ったから貼っていく感触も少し違ったよ。特に空気を追い出す作業は、スクレーパーとタオルで向き不向きがあったから両方用意しておくと安心だね!

  • step3

    タイルの上にタイルシートを貼ろう

    次は、タイルシートを貼りますよ~。

    つり戸棚の扉のトーンに合わせて、ブルーにするんですね! しかも、このタイル、シートになってる!

    このように、目地と一体になったタイルシートなら、裏面のはくり紙をはがして貼っていくだけ。4辺のうち2辺には目地がないので、向きに注意して貼ろう。

    便利でしょ? 目地はカッターで切れるから、サイズ調整も簡単にできるんです。

    タイルを貼るのって、もっと大変だと思ってました。よし、がんばります!

    タイルシートを貼るのは、後で設置する棚板と棚板の間。あらかじめ位置を確認してから貼ろう。

    タイルシートを貼り終わったら、付属の目地シートをはめ込む。

    ユージのワンポイントアドバイス!

    タイルって色はもちろん、サイズや形もたくさんの種類があるから、雰囲気を変えるのにすごく便利だよ。今回は陶器のタイルを使ったけど、リーズナブルなタイル調シートもあって、選択肢はいろいろ。ホームセンターやネットで探してみよう!

  • step1

    木材をキッチンに取り付けよう

    ようやく仕上げです! さっきオイルステインを塗っておいた木材を、キッチンに取り付けるよ~。どの木材をどうやって使うか、覚えてる?

    1×4材が棚板、2×4材が柱、1×6材はワークトップの立ち上げ部分ですよね。でもユージさん、1×6材を置く場所に水栓がありますよ…。

    よく気が付きましたね! 1×6材は2本あって、ちょうど水栓の真ん中でくっ付く長さにしておいたんです。そして、水栓を避けられるように穴を開けます!

    なるほど~! 板をくり抜くなら、自然な仕上がりになりそうですね!

    2本の1×6材を養生テープで貼り合わせて、穴を開ける印を付ける。

    水栓の直径に合わせたドリルビットを使って、穴を開ける。

    養生テープをはがして、1×6材をワークトップの上に置く。

    これでバッチリ! 次は上の棚を組み立てるよ~!

    棚柱用の2×4材を、つり戸棚とワークトップの立ち上がりの間に立てるので、柱の上下に「ディアウォール」っていうアイテムを取り付けましょう。

    はい! これ、中にばねが入ってるんですね。

    ディアウォールをはめた2×4材を2本、固定する。

    棚受けを柱にねじどめする。棚板を載せたら、棚板側にもねじどめ。これを上下2カ所の棚とも行う。

    一方の柱の外側に、アイアンフックを取り付ける。「このフックは、調理ツールを引っ掛ける用」とユージさん。

    ユージのワンポイントアドバイス!

    柱と棚板だけじゃなくて、ワークトップの立ち上がりも板でカバーしたから、統一感が出たよね! 水栓があっても、今回みたいに穴を開ければ大丈夫。ドリルがなかったら、ホームセンターの工作室で相談してみても良いと思うよ。

【After】カフェみたいなすてきなキッチンが完成!

おつかれさまでした!
西海岸スタイルのキッチン、完成しました~!

ありがとうございました! ネイビーと木の雰囲気がとってもさわやかで、本当におしゃれ!

もともと収納は充実してるけど、こういう棚があると料理中に調味料とかすぐ手に取れるし、ディスプレイも楽しめるから良いよね。初めてのDIY、どうでした?

楽しかったです~。ユージさんみたいにきれいにできないところもあったけど、自分で作ったと思うとすべて愛おしい!

そうでしょう~? 何もかも愛着につながるんですよ。これからも挑戦してみてくださいね!

【まとめ】さわやかなキッチンで毎日の料理が楽しい!

シンプルなキッチンに木の雰囲気や色味が加わって、おしゃれになってうれしいです。オープンなキッチンだから、部屋全体がグレードアップしました。野菜をぱぱっと切ってサラダにしたり、煮込み料理を作ったりとささいなことも楽しくて、まるで気分はカフェオーナー! 友だちを招いて食事をするのが楽しみです。

ユージと一緒にお部屋をおしゃれにDIY
記事のまとめ

シンプルで物足りないキッチンに色と素材感をプラスで、西海岸のカフェ風キッチンに!

  • ・キッチン下のキャビネットやつり戸棚の扉に壁紙シートを貼って、全体のトーンをチェンジ!
  • ・タイルシートを貼って、壁面にもアクセントをプラス
  • ・柱と棚板だけの手軽な棚で、収納とディスプレイを両方かなえる
記事で紹介したURの物件はこちら

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

あなたにおすすめの記事