URくらしのカレッジ

ゆたかなくらしって? へや×DIY

ユージと一緒にお部屋をおしゃれにDIY プラスワン!第4回【テーブルにもなるキッチンワゴン編】

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

ユージさんがおしゃれで快適な部屋にするための、“プラスワンのDIY”を提案する連載「ユージと一緒にお部屋をおしゃれにDIY プラスワン!」。第4回目は、西海岸風にアレンジしたキッチンに、「テーブルにもなるキッチンワゴン」を作ります。「カラーボックスを使うから、あっという間に完成するよ!」とユージさん。チャレンジするのはDIY初心者のサワさんです。

今回使うものはこちら

【必要なもの】※写真左から
・カラーボックス(幅415×奥行き290×高さ680mm)2個/アイリスオーヤマ
・キャスター①(高さ50mm )4個
・キャスター②(高さ35mm)2個
・丁番4枚
・タオルバー2本
・ラジアタパイン集成材①(底板用/幅300×厚み18×長さ910mm)1枚
・ラジアタパイン集成材②(天板用/幅350×厚み18×長さ910mm)1枚
・ラジアタパイン集成材③(バタフライ天板用/幅450×厚み18×長さ450mm)1枚
・2×2材①(長さ712mm)2本
・2×2材②(長さ374mm)2本
・補強材(幅30×厚み18×長さ680mm)1本
・オイルステイン(ウォルナット)/ニッペホームプロダクツ
・建築用両面テープ
・木工用接着剤

今回のDIYにかかった合計製作費用 約1万5000円(税別)

Let’s スタート!

  • step1

    材料の下ごしらえをしよう

    今回作るキッチンワゴンは、なんとテーブル付き!テーブルは半分が折りたたみできる「バタフライ天板」にします。そして、棚の部分はカラーボックスを活用しちゃいます!

    既製品のカラーボックスなら、材料を切ったりペイントする手間が省けて良いですね!

    でしょ? だから、先にカラーボックスの組み立てと、ほかの木材にオイルステインを塗るところからスタート!

    使う木材すべてに、オイルステインを塗る。「完成したときに、見えなくなるところは塗らなくてもOK!」

    ユージのワンポイントアドバイス!

    DIYは効率も大事。既製品のカラーボックスを活用すれば、組み立てるだけで良いから時短にもなるよ!

  • step2

    カラーボックスに木材を取り付けよう

    次に、カラーボックスに天板や底板を固定しましょう。

    用意してある天板と底板は、1枚ずつですよね。2個のカラーボックスをこれでつなげるような感じですか?

    正解! 天板には後で折りたたみできるバタフライ部分を足すけど、まずは天板、底板1枚ずつを固定するよ。でも、その前に細かいパーツを付けていきましょう~。

    バタフライ天板の脚は、丁番で固定するので、その固定のための補強材を先に取り付けておく。まずは、カラーボックスのうち1個の側面、背面側に建築用両面テープを貼る。

    そこに補強材を貼り、さらにねじどめする。

    次に、天板と底板を固定します!

    はい、建築用両面テープで貼ってから電動ドライバーで固定、ですね!

    まずは底板から。先に片方のカラーボックスだけに建築用両面テープを貼って、底板用のラジアタパイン集成材①の端とカラーボックスの端を合わせて貼る。

    もう片方のカラーボックスも、位置を確認してから建築用両面テープを貼る。こちらも底板の端に合わせる。カラーボックス同士の間には、すき間ができるようにする。

    じゃあ、ねじどめはサワさんに挑戦してもらいましょう!

    はい、がんばります!

    電動ドリルで下穴を開ける。

    次に、電動ドライバーでねじどめ。力が弱い人の場合、上をしっかり手で押さえて、体重をかけると良い。

    上手! 同じ調子で、天板用のラジアタパイン集成材②も固定しよう。天板は底板より奥行きがあるんだけど、カラーボックスの前面側にはみ出すように取り付けるよ!

    ユージのワンポイントアドバイス!

    カラーボックスはねじがききにくいから、今回は念入りに両面テープでも貼っておいたよ。普通の木材を使うときは、ねじどめだけでもOK!

  • step3

    バタフライ天板の脚を組み立てて、バタフライ天板を取り付けよう

    次に、バタフライ天板を折りたたむための脚を組み立てます。はしごみたいな形状だから、構造は簡単。ねじ穴を隠すために、ダボ打ちをしましょう!

    はい!

    脚に使うのは2×2材。長い方の2×2材①を縦材に、短い方の2×2材②を横材にして、縦材にはダボ穴を開けておく。

    縦材と横材を木工用接着剤で仮どめして、電動ドライバーでねじどめする。

    では、サワさんにダボ打ちに挑戦してもらいます!

    さっきユージさんが開けた穴、あそこを埋めるんですね。

    そうです! ダボっていう棒にまずは木工用接着剤を付けて、穴に差しますよ。

    ダボ穴にダボを入れたら、カナヅチで打ち付ける。

    刃が薄いノコギリで、はみ出したダボを切る。「刃がしなるから、表面すれすれで切ってね! 良い感じ!」とユージさん。ダボの表面には、オイルステインを塗って色を合わせる。

    脚の組み立てが終わったら、天板にバタフライ天板を固定します!

    カラーボックスを天板が下になるようにひっくり返して、バタフライ天板用のラジアタパイン集成材③を丁番2枚で固定する。

    ユージのワンポイントアドバイス!

    ダボ打ちをすると、ねじ頭が隠れるから、触ったときに危なくないし、見た目もきれいだよ! もしノコギリで切り落とした跡がフラットにならなかったら、紙やすりで削ればOK!

  • step4

    パーツを取り付けて完成させよう!

    最後に、いろいろなパーツを取り付けていきますよ~。

    キャスターとさっき組み立てた脚、タオルバーですね!

    正解! 全部ねじどめするだけだから、一気に仕上げましょう!

    底板4カ所に、キャスター①を取り付ける。「キャスターは、少し内側に固定するのがポイント。タイヤを回したときに、はみ出さないくらいが目安だよ。そうすると、壁付けしたいときに、すき間ができないからすっきり置けるんです!」

    バタフライ天板の脚2カ所にも、小さい方のキャスター②をねじどめ。

    STEP2で付けておいたカラーボックスの間の補強材に、丁番2枚を付ける。

    バタフライ天板の脚を、この丁番にねじどめするよ。これで、脚が動くから、天板がたためるというわけです!

    両サイドにタオルバーをねじどめしたら完成!

ついに完成!

キッチンワゴンの完成~!

普段は半分のサイズで収納やサイドテーブルに、バタフライ天板を出せば朝食コーナーにもできますね。

バタフライ天板の脚にもキャスターを付けたから、出し入れもしやすいはず。

キャスター、付けてもらって大正解です!

良かった! キッチンワゴンもDIYスキルもどんどん活用してほしいな。

ユージと一緒にお部屋をおしゃれにDIY
記事のまとめ

カラーボックスを使って作る、バタフライ天板付きのキッチンワゴン!

  • ・カラーボックスを活用して、組み立てを簡単に
  • ・ダボ打ちで仕上がりがきれい
  • ・天板に折りたたみ可能なバタフライ部分があるので、テーブルの広さを調整できる!
  • ・キャスターを付けて、移動がらくなワゴンに
記事で紹介したURの物件はこちら

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

あなたにおすすめの記事