• インテリア
  • 団地
  • DIY
  • 埼玉

ゆたかなくらしって? へや×DIY

ユージさんが賃貸でDIY!?洗面所を温かみのある雰囲気に

ペーパーマガジン『Pacoma』の人気連載「おしかけDIY」がUR賃貸住宅に出張! 人気タレントのユージさんが、家の悩みを得意のDIYで解決します。この連載では、実際にユージさんがURの「現地案内所」を訪れて、UR賃貸住宅を「模様替え申請」で華麗にDIYしてくれちゃいました! 今回も大胆に改造していきます!

URならDIYで自分らしい空間に変身

今回依頼があったのは、埼玉県のパークタウン若宮団地の一室にあるUR賃貸住宅の現地営業窓口。前回同様、「賃貸でもDIYが楽しめるURの魅力を伝えたい」と営業担当の今野さん。そこでユージさんが注目したのは洗面所! 「玄関のすぐ脇にある洗面所は、お客さまの目にもつきやすい場所。今は白で統一されていて清潔感があるけれど、少し工夫するだけでスタイリッシュに変身させることができるはず。」

洗面所DIYの主役となるのは、厚さ約5㎜の薄い木材。異なる色や質感の木材を数種類用意して、洗面台下の扉にランダムに貼り付けることで、オシャレで温かみのある雰囲気に生まれ変わるとのこと。
 「木材は両面テープで貼りつければOKだから、作業はとても簡単。洗面所以外の場所で応用してみるのもオススメ!」と、ユージさん。

今回使うものはこちら

今回はこちらの道具を使います。
上段左から、扉用ツマミ×2、壁用水性塗料<ブルー>、厚さ5mm×幅50mmの木材(洗面台の扉の大きさに合わせて10~20枚用意)、タイルシート、強力両面テープ。他に電動ドリル、のこぎりなどの工具も必須。

いざ、スタート!

広々と使い勝手の良さそうな独立洗面台。「シンプルな雰囲気も悪くないですが、少し素っ気ないかも…」と今野さん。ユージさんは今ドキ女子の心をつかめるでしょうか!?

>埼玉エリア経営部 今野さん写真

今回のお悩み人

埼玉エリア経営部 今野さん

埼玉県内のUR賃貸住宅の営業を担当する。今年、入社2年目の期待の星。趣味はヨガとバレーボール。

①まずは左サイドの壁面塗装から取り掛かる。
壁の側板、天井、床をマスキングテープでしっかり養生する。

②壁にペンキを塗る。はじめに枠を縁取るように塗り、広い面はローラー刷毛(はけ)で一気に仕上げるのがコツ。(※1)

③床の上に木材を並べ、完成イメージを固める。
「木材の境目が隣同士で並ばないように、バランスを調整しよう」

④洗面台下の扉をはずし、取っ手もドライバーではずす。扉のオモテ面5~6カ所に強力両面テープを貼る。(※2)

⑤扉に木材を1枚ずつ貼り、上から押さえてしっかり圧着する。木材のはみ出した部分は扉を傷つけないようのこぎりでカット。(※2)

⑥洗面台の扉に、鉄のツマミを取り付ける(既存の穴を生かしてドライバーで固定)。扉を元通りに設置する。

⑦壁のペンキが乾いたら、2度塗り。時間をおいて、壁面が十分に乾いたことを確認したら養生をはがす。

ワンポイントで雰囲気を変える秘密兵器“タイルシート”

タイルシートの使い方は、貼りたい場所のサイズに合わせて切って貼るだけ。簡単なのでDIY初心者でもまねしやすいですね。

⑧タイルシートを洗面台のプラスチック棚のサイズに合わせてカット。
今回は、8列×2段のシートを4セット準備。

⑨四つの棚にタイルシートを貼る。さらにペンキを塗った壁面に、木製のボックスを画びょうで固定。(※2)

温かみのある洗面所が完成!

木のぬくもりが伝わるスタイリッシュな洗面所が完成。壁の一面を塗っただけで、奥行き感も生まれました。DIYの仕上がりは実際に現地で見学してみてくださいね。「淡いスカイブルーも西海岸風の雰囲気でおしゃれ♪」(ユージさん)

実際のDIYの様子はこちら!

UR賃貸住宅の「模様替え申請」って?

UR賃貸住宅は入居後に「模様替え申請」を提出すればさまざまなDIYが可能です。しかし、なかには申請が不要なものや退去時の現状回復が免除されるケースも。詳しくは「UR 模様替え」で検索してください。

今回のDIYで必要な模様替え申請

  • ※1 壁のペイントは申請が必要。また、クロス壁/塗り壁のいずれも、退去時に敷金から壁紙代や再塗装代を清算する形で原状回復が必要。
  • ※2 扉の強力両面テープや木材、ツマミ、タイルシート、木製ボックス等の設置は申請不要だが、退去時に原状回復が必要。

今回の「洗面所DIY」はこちらのUR営業窓口で公開中です!
パークタウン若宮現地案内所

埼玉県桶川市若宮1-8 パークタウン若宮17号棟101号室
お部屋の紹介や内覧の予約など、各種ご相談ができる営業窓口。