• 家事
  • 収納
  • 全国

住みたいへやの選び方

【玄関&納戸編】玄関と納戸を片付けたい!収納の達人ワザを伝授

「玄関がいつもごちゃごちゃ」「納戸にモノがあふれている」…と悩む人は多いはず。玄関は靴だけでなく、傘や帽子などモノが意外と多い場所。納戸は、いろいろなモノをしまい込んで雑然としがち。いずれも、スッキリ片付けるにはコツがあります。収納&片付けの達人、All About「収納」ガイドのすはら ひろこさんにそのテクニックを指南していただきます。

片付け指南を受けるTさん一家:夫婦(30代)+長女(3歳)。都内のUR賃貸住宅に居住。玄関はモノを床置きしてごちゃごちゃしがち、納戸は奥行きがあって使いにくい、と収納に悩みを抱えている。

「垂直方向の空間を活用する」が玄関収納のセオリー

靴以外にも、傘やコートなど、玄関に収納したいモノは意外とたくさんあります。靴箱だけでは収納が足らないこともしばしば。「出かけるときにサッと手に取れるよう、レインコートや帽子なども置きたいですよね」とすはらさん。

「それほど広くない玄関なら、垂直方向の空間を活用するのがセオリーです。壁にフックを付けてコートをかける、縦型の靴箱で垂直方向の収納スペースを確保する、などです。Tさん宅ではすでに実行されているので、プラスアルファの収納グッズを投入しましょう」。

縦型のつっぱり棒で空間をフル活用

  • Before
  • After

「靴箱の脇にスペースが余っています。ここがもったいないので、縦型のつっぱり棒を設置しましょう」とすはらさん。フックが複数付いていて、かけるものに合わせて位置を変えられるから便利。立体的に空間を使えるため、今まで床に立てかけていた傘などもスッキリかけられます。

「今までは傘も帽子も仮置きしていた感じですが、モノの居場所が決まると片付けもしやすくなりますね」とTさん。

玄関収納のテクニック、ここがポイント

床に立てかけた傘、靴箱に引っかけたハンガーなどは、軽くぶつかるだけで倒れたり落ちたりして危険です。「フックがあれば固定できます。つっぱり棒や壁付けのフックを活用しましょう」。

「お子さんのカバンや上着は、玄関先に置き場所を決めると、お出かけのときも帰ってきたときも便利です」。手の届く場所に置き場所があれば、自分でお片付けもできるようになりますね。

「キャスター付きで取り出しやすく」が納戸収納のセオリー

納戸は便利ですが、モノが増えると奥にあるものが取り出しにくくなりがち。Tさん宅の納戸も、奥行きがあり収納量は十分なのですが、使いづらさを感じているそうです。

「床にモノを直置きすると、奥のモノが出しにくくなってしまいます。特に、飲料水の買い置きなど重たいものは、キャスター付きの収納ラックを活用することをオススメします」。納戸の奥行きに合わせて、適切なサイズのものを選びましょう。サイズを調整できるタイプを選べば、引っ越しで環境が変わっても使い回しができます。

プラスアルファの収納場所をつくる

  • Before
  • After

納戸の下段は、キャスター付きの収納ラックで奥まで使いやすい収納になりました。中段は、既存のボックスにカバンを整理。余った上部スペースには、つっぱり棚を設置してプラスアルファの収納場所を確保。しわを付けたくない素材のカバンを横置きできます。

「邪魔になっていた掃除機のホースも、収納ラックの上部にスッキリ収まって助かりました」とTさん夫妻。上段は、ご主人の趣味のフィギュアを飾るスペースです。「いつの間にか占領されてしまって(笑)」と奥様。

納戸収納のテクニック、ここがポイント

買い置きの食品など重たいものは、キャスター付きの収納を活用して下段にしまうと、取り出すときも無理な姿勢にならず、腰を痛める危険も少なくなります。また、カバンなど軽くてひんぱんに取り出すものは、つっぱり棒で段をつくり、出し入れしやすい中段へ。カバンはボックスに縦に入れることで取り出しやすく、種類も一目瞭然です。

場所としまうモノの特性に応じて、適した収納グッズを活用することで、使いやすい空間になることがわかりました。ホームセンターなどには手ごろな収納グッズが豊富にあります。今回ご紹介したような、ちょっとしたひと手間で家の中が片付き、ぐんと暮らしやすくなるはずです。

すはら ひろこさん写真

All About「収納」ガイド/すはら ひろこさん

建築・インテリア・整理収納の資格と、豊富な経験に基づいた片付け術に定評がある。住宅の商品開発や収納用品のデザイン監修をはじめ、雑誌やテレビ、ラジオなどメディア出演多数。共働き主婦の目線から追求した収納法は、誰もが実践しやすくやる気が続くと好評。