Menu

URくらしのカレッジ

ゆたかなくらしって? へや×DIY

人気YouTuber・セーチさんが団地の一室をDIY!URでつくる理想の部屋

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

大阪府箕面市の箕面粟生第3団地では、YouTubeチャンネル「DIY MAGAZINE」を運営しているセーチさんがDIYした部屋を、モデルルームとして公開しています。DIY中の部屋の様子をレポートします。

木と緑でぬくもりを。「これが私の団地style~帰るのが楽しみな家~」がコンセプト

部屋を自分の好きなように変えたり、家具を作ったりすることができるDIY。URにもDIYが可能な部屋があります。URの部屋でその魅力を知ってもらおうと、セーチさんによって箕面粟生第3団地にDIYモデルルームがつくられました。そこで、セーチさんにどんな部屋を目指しているか聞いてみました。
団地の周りに自然が多いので、部屋も落ち着いた雰囲気にしたいですね。特にリビングルームは、小さな子どもがいる家族がくつろげる空間をイメージしています。」

おじゃました日は、DIYのメインとなるリビングルームをつくっているところでした。元の部屋から特に大きく変えた場所は、床と壁。畳だった床は、白を基調としたクッションフロアを貼り、シンプルで落ち着いた雰囲気に。また、壁には木材を貼り、緑を取り入れ、温かみのある空間になりました。疲れて帰って来たときも、気持ちがリラックスしそうですね。
一見難しそうですが、セーチさんによると「初心者にもおすすめなDIYが、壁の雰囲気を変えること」なのだそうです。「壁を好きな色にするだけでも、部屋の雰囲気が大きく変わりますよ」と、教えてくれました。

この日は、UR職員によるDIYチームである「UR-DIY部」も作業をお手伝い。セーチさんの指示を受けながら、和気あいあいとDIYを楽しんでいました。

モデルルームが完成するまでの様子は、セーチさんのYouTubeチャンネルや、ブログでも公開中です。リビングルーム以外の部屋もすてきに仕上がっているので、ぜひ見学に来てください。箕面粟生第三団地には、工具がそろっている「DIY工房」や家族や仲間の集まりにも使えるBBQスペースがあり、充実した生活が送れそうです。

DIY前の部屋。元の間取りは、3DK
DIY完成後の部屋。家族で楽しく生活する音が聞こえてきそうです
人気YouTuberのセーチさん。慣れた手つきで作業を進めていきます
「UR-DIY部」のみなさん。 ノコギリやウッドワックス塗りなどに初挑戦!
寝室のパレットを作るため、木に塗ったワックスを乾燥中
「箕面粟生第3団地は生まれ育った福岡に似た環境で、懐かしさを感じます。」(セーチさん)
+ もっと写真をみる
記事のまとめ

YouTuberのセーチさんがURの部屋をDIY。木と緑がある温かい雰囲気に

  • ・箕面粟生第3団地の一室を、セーチさんがDIY。モデルルームとして公開中
  • ・特に大きく変えた場所は、リビングルームの床と壁。畳だった床は、クッションフロアに変更。壁には木材を貼り、緑を取り入れた
  • ・セーチさんによると「初心者にもおすすめなDIYが、壁の雰囲気を変えること。」
  • ・URには、賃貸でもDIY可能な物件があり、部屋をアレンジして住むことができる(一部に原状復帰の義務あり)

セーチさん

1990年生まれ。福岡在住。
2018年末に福岡県で築40年の物件のセルフリノベーションを開始。主に自宅のリノベーションをしながら、賃貸物件の管理やYouTubeやブログの運営を行っている。
YouTube「DIY MAGAZINE チャンネル」は月間100万回再生。ブログ「DIY MAGAZINE」は月間15万PVと多くの人に注目されている。

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCVpbmXihea3qPeVtNwyLDGA/featured

Blog:https://diy-magazine.jp/

セーチさん写真
記事で紹介したURの物件はこちら

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事はこちら

URくらしのカレッジとは

URくらしのカレッジはUR賃貸住宅がお届けする、くらしのヒントがつまった情報サイト。

説明を見る