Menu

URくらしのカレッジ

住みたいへやの選び方

賃貸の仲介手数料(紹介手数料)とは?料金相場と安く抑える方法

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

賃貸住宅を探していると、気になる家賃や、敷金・礼金のほかに、仲介手数料(紹介手数料)という言葉を見る機会がよくあると思います。そもそも、この「手数料」はどこに対して払うお金なのでしょうか? また、物件によっては半額や無料になっていたり、どういう仕組みなのか疑問に感じる人も多いのでは。ここでは、仲介手数料(紹介手数料)の仕組みから、初期費用を賢く抑えるポイントを紹介します。

賃貸住宅の仲介手数料(紹介手数料)の基礎知識

賃貸住宅を契約する際に、家賃のほかに、敷金や礼金などいろいろな初期費用が必要になります。仲介手数料(紹介手数料)もその一つ。まずはその仕組みと金額の相場を解説します。

●仲介手数料(紹介手数料)とは?
仲介手数料(紹介手数料)とは、不動産会社が貸主と借主(大家さん)の間に立ち、賃貸契約を進めたことへの報酬を指します。いわば、媒介の役割を果たしたことへの報酬です。
この場合、仲介してもらった貸主だけでなく、借主の両方が仲介手数料(紹介手数料)を支払うことは、あまり知られていないのではないでしょうか?
また、この手数料を支払う義務は、賃貸借契約が成立した時点で発生します。つまりは、内見をしただけや、申し込みをしたけどキャンセルをしたなど、賃貸契約をしていない場合は支払う必要はありません。
●仲介手数料(紹介手数料)の相場
仲介手数料(紹介手数料)に関する取り決めは、宅地建物取引業務により、「賃料の1カ月分以内」が上限として定められています。
つまりは、仲介手数料(紹介手数料)の相場は、賃料の半月~1カ月分、そこに消費税をプラスした費用が目安です。
しかし、不動産会社が、貸主と借主それぞれから受け取る仲介手数料(紹介手数料)は、賃料の半月分以内とすることが原則となっていますが、依頼者の承諾があれば、いずれか一方から、不動産会社が家賃の1カ月分以内を受け取ることができるという仕組みになっています。この場合の依頼者とは、借主、大家さんのことをさします。

賃貸住宅の仲介手数料(紹介手数料)を安く抑える方法

仲介手数料(紹介手数料)は不動産会社にとって大事な収益になるため、上限ギリギリに設定されることもあります。では、どのような場合に仲介手数料(紹介手数料)を抑えることができるのでしょうか。

●仲介手数料(紹介手数料)が無料の物件を探す

仲介手数料(紹介手数料)が無料となる物件は、大きく二つに分けることができます。

[その1]貸主が借主分の仲介手数料(紹介手数料)も負担している場合
貸主、つまり大家さんが空室リスクを減らすために、仲介手数料(紹介手数料)を無料にすることがあります。
[その2]不動産会社が所有している自社物件の場合
これは、不動産仲介会社が所有している物件、つまりは貸主となっている場合です。大家さんとの「仲介」をしていないために、仲介手数料(紹介手数料)を取る必要がありません。
●賃貸契約を直接結ぶことができるか、貸主に問い合わせる
インターネットなどを使って、物件情報を検索。電話での問い合わせや、現地に赴いて、直接貸主である大家さんと交渉する方法です。不動産仲介会社を通さないため、もちろん仲介手数料(紹介手数料)はゼロになります。
しかし、貸主が不動産会社と専属専任媒介契約を結んでいる場合は、直接契約が禁止されており、交渉できないので注意が必要です。さらに、月々の賃料の振り込みや、家賃や更新料など、さまざまな条件交渉を自分で行わなければならなくなります。
●貸主と値引き交渉をする
貸主も空室よりは、入居者が入ることの方がうれしいはず。そこで、2月3月の入居希望者の多い時期を避けた通常期に、仲介手数料(紹介手数料)などの交渉をしてみるのもいいかもしれません。
そのときは、単に値引きを目的とするのではなく、「この金額であれば契約できる」と、自分が無理なく支払うことができる予算を提示しましょう。相談を受けてくれる可能性もあります。

仲介手数料(紹介手数料)なしで、初期費用が抑えられるUR賃貸住宅

何かとお金がかかる新生活。「新しい部屋に似合う、家電や食器、家具も買いたい!」と、考えたくなりますね。そこで、初期費用を賢く抑えて、お財布に余裕を持ってスタートするなら、UR賃貸住宅がおすすめです。

●UR賃貸住宅は初期費用が抑えられる
保証人、礼金、仲介手数料(紹介手数料)、更新料もすべて不要のUR賃貸住宅。
そのため、さまざまな一般的な賃貸契約の相場と比較した場合、初期費用を抑えることも可能です。

UR賃貸住宅の4つの特長の詳細はこちら

●UR賃貸住宅は住んでからもお得
UR賃貸住宅は、住んでからもお得です。
まず、更新料、更新手数料が不要なので、更新月に一時的に出費が増えて家計を圧迫することがありません。また、保証人が必要ないため、更新時の保証料も不要になるのです。
さらに、若年層や子育て、親との近居など、それぞれのライフステージに合ったお得な制度を用意。自分に合ったサービスがあれば、ぜひ活用しましょう。
<子育て割>
最大9年間、家賃の20%(上限2万5000円)をサポート。結婚5年以内の新婚世帯、もしくは、18歳未満の子どもがいる世帯で、所得合計が月25.9万円以下の世帯が対象です。
<そのママ割>
3年間限定、お得な家賃で借りられる。妊娠中を含め、現に同居する満18歳未満の子ども(孫、甥、姪なども可)を扶養している世帯を対象に、通常より抑えた家賃で提供。3年間の定期借家契約で、契約期間満了の通知(期間満了の1年前から6カ月前までに実施)の際に、UR都市機構が再契約可能と判断する場合は、契約者に対して再契約の案内が行われます。
<U35割>
契約者が35歳以下限定で、3年間の定期借家契約となり、お得な家賃になります。条件を満たせば、学生・単身・夫婦・子育て世帯でも対象となります。更新の条件は、「そのママ割」と同じです。
<近居割>
募集家賃から5年間、5%減額。同じUR賃貸住宅内、もしくは半径2km以内の別々のUR賃貸住宅で、親世帯・子世帯の二世帯が近居する場合、新規に契約した世帯の家賃が減額されます。二世帯同時に契約した場合は、両世帯とも減額されます。
●UR賃貸住宅を借りる流れ
STEP1:希望の部屋を探す
UR賃貸住宅WEBサイトや、UR賃貸住宅の各店舗でも探すことができます。電話やメールでも対応が可能。さらに、店舗では希望の条件に基づいて、ハウジングアドバイザーが部屋探しを手伝ってくれます。
STEP2:「お申込み資格」の確認
「平均月収額が基準月収額以上(※)」、「日本国籍、もしくはURが定める資格を持つ外国籍の方」などの条件を満たしているか確認を行います。
※平均月収額/過去1年間の収入の合計額を12で割ったもの 基準月収額/物件の家賃ごとにURが定めた金額
STEP3:仮申込~内覧
希望する部屋が見つかったら、URの店舗にて申し込みます。その後、1週間以内に実際の物件を内覧します。原則として内覧は1回。内覧後のキャンセルも可能です。
STEP4:本申込
URの店舗に、契約に必要な書類などを提出します。書類の提出期間は、内覧期間(申し込みの翌日から1週間以内)の最終日の翌日から1週間以内です。
STEP5:契約
契約に必要な書類などをそろえ、URの店舗にて契約となります。契約日は、書類提出後1週間以内です。
STEP6:入居
契約時に設定する入居開始可能日以降に、物件の管理サービス事務所などで部屋の鍵を受け取り、入居することができます。
●UR賃貸住宅で初期費用を抑えて、賢く新生活を始めよう!
賃貸物件を探す際には家賃や礼金、仲介手数料(紹介手数料)、共益費などのいろいろな費用が提示されています。
例えば、仲介手数料(紹介手数料)を値引きしているように見えて、代わりに礼金を手厚くするなど、総額的な費用でバランスをとっているケースも見かけます。
賃貸を借りる際は、手数料や最初の家賃が安いことだけを重視せずに、「賃貸を借りようとしている期間に、総額で支払う費用はどちらが多いのだろう?」と比較検討することもポイントなのです。
その点、UR賃貸住宅は、仲介手数料(紹介手数料)や礼金などの初期費用が不要なだけでなく、独身者や子育てファミリーに向けた、お得な制度がたくさんあります。これを活用しない手はありません。
物件探しで不安を感じたら、UR賃貸住宅の店舗でハウジングアドバイザーに相談してみては。自分たちのトータルの予算に合った、お気に入りの住まいが見つかるはずです。

監修/二宮 清子

記事のまとめ

初期費用を抑えるコツは、仲介手数料無料の物件を探す、貸主に問い合わせるなどがある

  • ・賃貸住宅の仲介手数料(紹介手数料)とは、不動産会社が家主と借主の間に立ち、契約まで進めたことに対する報酬のこと。契約した時点で発生する
  • ・大家さんと直接、契約交渉を行うことで仲介手数料(紹介手数料)を抑える方法はあるが、その後の更新なども自分で行わねばならず手間がかかる
  • ・UR賃貸住宅なら、保証人、礼金、仲介手数料(紹介手数料)、更新料もすべて不要だから、住む前や住んでからの費用を賢く抑えることができる

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事はこちら

URくらしのカレッジとは

URくらしのカレッジはUR賃貸住宅がお届けする、くらしのヒントがつまった情報サイト。

説明を見る