Menu

URくらしのカレッジ

住みたいへやの選び方

団地でできるレイアウトのアイデア。好みの部屋をつくれるDIY住宅とは?

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

好みの壁紙を貼ったり、クッションフロアでフローリング風に仕上げたり。便利で手軽なDIY商品もたくさんそろう今だからこそ、ちょっとしたアイデアで、部屋を自分らしくカスタマイズする人たちが増えています。とはいえ、賃貸の場合「どこまで手を加えて良いのか?」、「退去時に元に戻すのが大変では?」など気になりますよね。ここでは、納得のいく部屋づくりを成功させるためのコツとアイデア、注意点を紹介します。

団地生活を快適にするレイアウトのアイデア

実は、日当たりや風通しが良いことの多い団地の部屋。間仕切りをなくしてオープンにしたり、家具の配置を工夫したりすることで、明るく広々、気持ち良い空間がつくれます。

●ダイニングキッチン(DK)とリビング(L)をつなげる
1DKから2K、3DKなど細かく区切られた間取りが多い団地。壁を壊すのは難しいですが、ふすまや引き戸であれば戸をはずし、DK+L(洋室・和室)をひとつながりに。1LDKや2LDKとして使うことで、開放感が生まれます。
例えば、6畳と4畳半の部屋の戸を思い切ってすべてはずして、ワンルーム感覚で使うのも面白いですね。
仕切りをなくした分、部屋の奥や隅々まで光が入り、風通しもアップ。敷地内の緑も見渡せ、自然と調和したナチュラルな暮らしを満喫できます。
●畳の部屋にクッションフロアを敷く
ゴロンと横になったり、子どもを遊ばせたり、使い勝手の良さが見直されている和室ですが、ライフスタイルに合わなければ、クッションフロアを敷いて洋室に変えてしまいましょう。隣り合う部屋と高さや床材をそろえれば広さを演出できますし、逆に床を変えることで空間ごとにシーンを切り替えることもできます。
規約上、床の張り替えができない物件でも対応可能な上、防水・防汚加工されているクッションフロアなら掃除も楽チンです。
●既存の壁に新しく壁紙を貼る
広い面積を占めるからこそ、壁で部屋の印象は大きく変わります。色や素材・質感によって、空間を広く見せたり、落ち着いた印象にも。
広く見せたいなら白やクリームなどの明るい色使いがおすすめ。天井を明るい配色にすると、より高さを感じさせることができます。一面だけのアクセントウォールも、空間に立体感と広がりが生まれます。
簡単にはがせる壁紙も増えているので、原状回復時にも手間がかかりません。
●壁付けキッチンにカウンターを設置
壁側に向いて設置されていることの多いキッチン。この場合、キッチンの横や後ろに、キッチンカウンターを置けば、L型やII型の対面キッチン感覚で使うことができます。ワークスペースが広がり収納も増やせるので、料理や片付けがしやすく、家族やゲストとのコミュニケーションもとりやすくなります。
さらに、キッチンの扉やカウンターをおそろいのシートやタイルシートでリメイクすれば、統一感のあるおしゃれな雰囲気に仕上がります。
●家具やインテリアを壁際に寄せる
部屋を広く感じさせるレイアウトのコツは、ソファーやベッド、収納棚などは、できるだけ壁際に置くこと。部屋の中心に大きな家具があると圧迫感が出てしまいます。
また、背の低い家具でそろえるのも有効です。家具の奥行きや幅などをそろえて凸凹を減らすのも、すっきり見えるポイント。
置き家具を増やさない工夫としては、押入れを改装してキッズスペースにしたり、ワークスペースやワードローブとして活用したりといった方法もあります。

団地のレイアウトを考えるときの注意点

DIYやセルフリノベーションを行う際、絶対に忘れてはならないのが、「どこまで手を加えて良いのか」をよく確認すること。無駄なトラブルにならないよう気をつけましょう。

●契約書をよく確認する
まずは、契約書などをよく確認しましょう。定められた範囲を超えてDIYすると、退去時に原状回復費用が発生する可能性があります。契約書の中に明記されていなくても、大がかりなDIYを行おうとする場合は、自己判断せず、管理会社に確認すると安心です。
●部屋全体のバランスに気を付ける
プランを考える上では、事前のシミュレーションがポイントです。床や壁などのデザインを変える場合、手持ちの家具やインテリアとのバランスを考えおきましょう。テイストを大きく変えると、もともと備え付けられていた設備や建具が浮いてしまう恐れも。

レイアウト変更の自由度が高いUR賃貸住宅のDIY住宅

「UR-DIY」は、自分の手で部屋をカスタマイズできる、UR賃貸住宅のDIY向けの住宅シリーズです。団地に住んで、自分好みのインテリアをつくりたい人におすすめ。

●「UR-DIY」の特徴
<内覧の申し込み>
気になる物件が見つかったら、UR賃貸住宅のホームページか、最寄りの営業センターから、内覧の申し込みを行います。
<内覧・契約>
実際に部屋を見学し、気に入ったら契約を結びます。「DIY住宅」、「Petit DIY住宅」は、入居者による施工を前提としているため、未補修のまま引き渡しとなります。
<入居・DIYのプランニング>
DIYを行うには、事前にプランの申請と承諾が必要です。まずどのように施工するか、計画と実施内容を考えることからスタートしましょう。
<DIYプランの申請・承諾>
プランが決まったら、UR都市機構にDIYの施工内容を申請し、承諾を得ます。
<施工・完成>
プランに基づいて、思いきりDIYを楽しみましょう! 完成後に、追加でDIYを行いたい場合は、再度プランを申請し、承諾を得られれば何度でも施工可能です。

UR-DIYのラインナップ

「UR-DIY」には、施工できる範囲や内容に応じて三つの種類があります。初心者から本格派まで、自分たちの希望や予算に応じて、納得のプランを選べます。

「UR-DIY」の詳細はこちら

●本格派におすすめ「DIY住宅」
建物の構造部分(躯体)以外は原則としてDIY可能。とことん変えてみたい本格派DIYerにおすすめ。家族の成長とともに、住まいの成長も楽しめます。
<参考例>
  • ・床を無垢床に張り替え
  • ・床をタイル張りにしてインナーテラスに
  • ・天井をむき出しにしてラフな質感に
  • ・建具をペイントドアや透過性のあるアクリル素材に交換
  • ・室内窓でゆるやかに空間をつなげる
  • ・玄関を拡張して土間スペースに
  • ・キッチン、洗面台、バス、トイレなどの水回り交換
  • ・スケルトン状態から間取りを変更

>> ここまでできる!「DIY住宅 お住まい実例」
https://www.ur-net.go.jp/chintai/college/201806/000169.html

●初心者でも楽しい「Petit DIY住宅」
壁紙や床面など、内装部分のDIYが行えるシリーズです。大きなレイアウト変更はできませんが、初心者でも手軽に、自分好みのインテリアにカスタマイズできます。
<参考例>
  • ・床のフローリングを変更
  • ・和室の畳をおしゃれな琉球畳に
  • ・壁の塗装を珪藻土や漆喰などの自然素材の塗り壁に
  • ・クロスやペイントでアクセントウォールに
  • ・押入れをキッズスペースやワークスペースに改装
●「UR-DIY」以外でも原状回復が免除になる「カスタマイズUR」
また、「UR-DIY」以外の物件でも、「模様替え申請」をすることでDIYが可能になるケースもあります。ライフスタイルの変化に応じて「押入れをクローゼットに替える」ことや、「壁紙の貼り替え」、「壁の塗装」などがその一例。この範囲であれば、原状回復も不要です。

>> 子どもと一緒にできるかも!? 「ユージのまるごとDIY

本格派DIYerから初心者までDIYを楽しめるのがUR賃貸住宅
団地は古いというイメージをお持ちかもしれませんが、工夫次第で、味わいのある空間がつくれるのも団地の魅力。
大規模なリフォームをしなくても、ふすまや建具を外したり、壁紙や床の色・素材を工夫したり、低めの家具でそろえるなど、視覚的にも広さを感じられるようにすることで、ゆとりのある住空間が生まれます。
さらに、「もっと本格的にDIYを楽しみたい」という人向けには、DIY可能な「UR‐DIY」の物件がおすすめ。「UR‐DIY」のホームページには、実例も紹介されています。
また、実際にDIYを始める前には、URの各所で開催されている木工ワークショップや塗装の仕方やクロスの貼り方、工具の使い方を学べる講座に参加してみてください。そこでつながりが生まれて、お互いに協力し合えることも。
建物の制約がアイデア次第で魅力に変わる―そんなDIYを楽しんでください。

監修/山下 あい

記事のまとめ

DIYやレイアウトのアイデアで、団地での暮らしをより自分らしく、快適にできる!

  • ・ダイニングキッチンとリビングをつなげたりすることで、これまでと違った暮らしを満喫できる
  • ・大がかりなDIYを行う場合は、事前に契約書を見たり、管理会社への確認が必要
  • ・UR賃貸住宅には、本格的なDIYを楽しむことができる物件から、インテリアを手軽にカスタマイズできる物件まで、選べるDIYプランが用意されている

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事はこちら

URくらしのカレッジとは

URくらしのカレッジはUR賃貸住宅がお届けする、くらしのヒントがつまった情報サイト。

説明を見る