URくらしのカレッジ

あたらしいくらし

団地を舞台にしたオリジナル連載マンガ。マンガ家スケラッコさんによる大好評の第1弾『602号、木の見える部屋』に続き、第2弾『あたらしいくらし』がスタート! 団地暮らしをスタートさせる人たちの物語を、二つのキャラクター視点で描きます。

第3話

家族三人お引越しの場合

仕事で忙しい毎日を送るパパは、ある日ママから引越しの提案を受けます。
どうやら娘のモモが「畳のある部屋に住みたい」と言い出したそう。
ちょうどモモが小学校に上がるタイミングということもあり、一念発起して部屋探しを始めるパパ。
果たして、どんな部屋が見つかり、どんな暮らしが始まるのでしょうか?

第2話

男子大学生ルームシェアの場合

大学生活がパッとせず、なんだか無気力なエノキ。
一方、遊ぶお金を増やすため、ルームシェアを考えているエトー。
ある日、エノキはなんとなく参加したキャンプで、エトーからルームシェアを誘われる。
お互いに性格が違う2人だけど、はたして大丈夫なのでしょうか…?

第1話

女性初一人暮らしの場合

運命的な物件と出会い、はじめての一人暮らしを決意したユーリ。
不安と興奮が入り混じりながらも、新生活の準備が進む。
相棒はずっと一緒に暮らしてきた「ガジュ丸」と名付けられたガジュマル!?

ユーリ&ガジュ丸
スケラッコさん
スケラッコさん

漫画、イラスト描いてます。
京都在住。単行本『盆の国』『大きい犬』(リイド社)発売中。

ROOMIE

『あたらしいくらし』は、「こだわりのある暮らし」をテーマに、家の中での暮らしとカルチャーを紹介するライフスタイルメディア『ROOMIE』と一緒に連載中!

602号、木の見える部屋

団地で暮らし始めた夫婦の日常を描いた「602号、木の見える部屋」。
理屈っぽいところがあるものの、どこか抜けている「ショウタ」と、のんびりマイペースのわりに、決断は早い「ルイ」のくらし。

「602号、木の見える部屋」を見る